[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
「想いをはぐくむ大樹の学資」

大樹生命保険株式会社は5月10日、無配当外貨建て学資保険を販売開始することを発表した。
無配当外貨建て学資保険は「想いをはぐくむ大樹の学資」の名称で2019年5月13日(月)より株式会社三井住友銀行において販売を開始する。
「想いをはぐくむ大樹の学資」は株式会社三井住友銀行と大樹生命保険株式会社の間で協議を重ねて開発した外貨建ての学資保険で、外貨でふやしながら計画的に教育資金の積み立てができることがコンセプトになっている。
また、「想いをはぐくむ大樹の学資」のような外貨建ての学資保険の取り扱いは2019年3月末の時点で業界初となる。

外貨建てでも保険料は一定

大樹生命保険株式会社の「想いをはぐくむ大樹の学資」は、米ドルまたは豪ドルを指定通貨とする外貨建ての商品であるが、払い込み通貨は指定通貨に関わらず円となる。
また、外貨に換算する為替レートを契約時に固定する仕組みのため、払い込む保険料は毎回一定額となるのが特徴的である。
あわせて、契約に適用される積立利率も保険期間を通じて一定のため、契約時に受け取る学資金額が確定。計画的に必要な金額を準備することができる。
大樹生命保険株式会社は、今後も顧客の多様なニーズにこまめに応えていけるよう、より一層商品の充実に取り組んでいきたいと意欲的である。
(画像は大樹生命保険株式会社ホームページより)

▼外部リンク
大樹生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.taiju-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:学資保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事