[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

改元と10連休、休みの前後にも業務混雑の予想

エヌエヌ生命保険株式会社(以下「エヌエヌ生命」)は4月12日、改元および10連休に関する同社の取り扱いを発表した。

今年は新天皇の即位式が執り行われる5月1日が祝日となり、4月27日から5月6日までが10連休となる。保険業務においては窓口での手続きやコールセンターの営業、保険料の振込期日や各種の支払い等、影響が様々な分野に及ぶ。
エヌエヌ生命では5月1日以降も「平成」表記の書類をそのまま使用できるとしている。「平成」を二重線で消して「令和」とする場合も、訂正印は必要ない。
サービスセンターは10日間休業で、電話による問い合わせはできない。ゴールデンウィークの前後は混雑が予想され、通常より対応に時間がかかる可能性もある。ウェブサービスの利用は可能だが、情報更新は4月26日でストップ。

スポンサーリンク

保険料の払い込みも保険金の支払いも、連休明けに

エヌエヌ生命では保険料払い込み猶予期間が連休と重なる場合には、5月7日の支払いを呼びかけている。各種保険金の支払いも、5月7日以降になる。
ただし海外の金融市場では平常通りに取引が行われるため、連休明けの市場が大きく変動する可能性もあるとしている。
(画像はエヌエヌ生命公式ホームページより)

▼外部リンク
エヌエヌ生命 リリース
https://www.nnlife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:エヌエヌ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事