[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

こんにちは。

「もっとお金があったらな」

「お金が次から次へと流れてくる

ようになりたいな」と思う時があります。

$

どんな時か?というとひとつ目は、

自分のやりたいことが次々見つかる時。

もうひとつが

たいせつな家族と過ごすとき。

今日は「家族と過ごすとき」に感じた

気持ちを書きます。

たとえば母と過ごす時間。

私の実母は70代でもパ-トで働き

自分の足で、自分が行きたい所へ自由に

飛び回っていました(自転車でね)。

ところが病気になり、一人で自由に出かける

ことが困難となりました。

そこで、週末になると娘である私に

電話をかけてきて

「どこかに行きたいな~と思って」

と、誘ってくるのです。笑

(娘には言いやすいみたい)

私も母と出かける時間が今は私自身が

心が豊かになれる時間でもあり、また

自己の成長につながることもたくさん

あるので、(イラッとするときも、愛おしいと思う時も)

都合がつく限り一緒に出掛けます。

※私がしたいからそうしています。

母が行きたい所と言えば、

たいていは「買い物」と「ランチ」

とにかくプラプラするのが好きで、

昔から買い物や外食が好きな人でした。

子供のころからしょっちゅう母と二人で

一番近くの「街」にいき、服を買ってもらい

ランチを食べて、ソフトクリ-ムも食べて

帰ってくるんです。楽しかったな~

あ。今判明しました。

私の買い物好きな原点はここだ。

私は母の影響をモロに受けていたってわけ

ですね。イロイロと。納得・・・。

母は子供の頃。

・欲しいものは買ってもらえない

・必要な物でも買ってもらいにくい

(鉛筆一つでもなかなか買ってもらえなかったそう)

そんな子供時代を過ごしたので、結婚して

自由にお金を使える状態が嬉しかったので

しょうね。

そんな母。先日は

「デイサ-ビスにもっていくバッグが欲しい」

と言いました。ですので、私がプレゼント

することにし一緒にお店へ行きました。

ショップに入ると色とりどり!たくさんの

バッグがならんでいました。それを見た母

「良いね~」と嬉しそう。

バッグを選びはじめ、一つ気に入ったものを

見つけた母。私に「いくら?」と聞いて

きました。値札に書いてある金額を伝えた

ところ、それを聞いた母は「高い」と

バッグを元に戻しました。

「気に入ったなら買えば?私からの

プレセントだよ」と言ったのですが。母は

「うん・・・でもいい」「もう少し考える」

そうしてお店を出て行きました。

この時思いました。

私にお金がもっとあったら、って。

う~ン。違うか。お金というよりも、

「お金は使ってもいいもの」

「まずは自分の喜びの為に」

「次は身近な大切な人の為に」

「お金は使わなければ価値がない」

と、心の底から思えるようだったら・・・。

きっと、迷わず母に買ってあげることが

できるのに、って。

そうなんです。迷っていたのは母ではなく

わたしだったの。

じつは、予定していた金額よりもわずかに

高かったんですよね。わずかですよ、それでも

私は一瞬「うっ!」と感じてしまった。

それを自覚していた。

その理由は、母へバッグをプレゼントしようと

決める前、割とたくさんのお金が出ていって

いたから。そして、これからも出ていく予定が

あったから、なんです。

だから一瞬「ウっ!」ってなっちゃったのね。

だから母に「買おうよ、買いなよ、」って

強く進めてあげることが出来なかったのね。

もしかしたら母にもそれが伝わっちゃった

のかもしれませんね。

なにも買わずに帰る車の中で

「もっとお金が自然と流れてくる自分に

なろう」と思わずにはいられない。

そんな出来事でした。

皆さんにもありますか?そんな瞬間。

ただ、そこに欠乏欲求は感じていません。

だって、新しいバッグは買わなかったけど

すでに母はバックをもっているし、

買い物しなかったけど母と二人でお天気の

良い休日の午後。ゆっくり歩きながら

ウィンドウショッピングが出来たから。

もうすでに、しあわせな状態なんです。

ただ、もっとお金があったら♪

もっと楽しいことが出来る。

家族を笑顔に出来る回数も増えるし、

困っている人を救うこともできる。

だから、もっとお金と繋がるパイプを

ぶっとくするぞ~\(^o^)/

私にとって幸せを感じる時間はやはり

・自分が好きなことをする時間

・大切な家族と過ごす時間

なんだな。その為にはそれが出来る時間が必要。

健康な心と体も必要。お金も必要。


Source: 習慣が私を変える!~まいにちの小さな積み重ね~

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事