[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

Web版で利便性を向上 環境へも配慮

プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命(PGF生命)は4月1日から顧客向け「ご契約のしおり・約款」のWeb版の提供を開始した。顧客がいつでもどこでも約款を確認できるよう、利便性を向上させた。

Web版「ご契約のしおり・約款」を見るには、保険証券や契約時に渡される案内チラシの二次元コードをスマートフォンなどで読み込む。すると、「ご契約のしおり・約款」がPDFやデジタルブックで表示される。

スポンサーリンク

30の提携金融機関で「Web約款」を導入

同社の保険販売は銀行窓販を専業としている。今回の「Web約款」は、30の提携金融機関で導入することになり、銀行窓販専業の保険会社では最多となった。
「Web約款」は、従来の紙の冊子に代えての提供となり、これによって削減される紙の量は約50トンにのぼる見通しだ。このため今回の取り組みは、顧客の利便性向上だけでなく、環境保護にも寄与するとして、今後も「Web約款」の提供を拡大する方針だ。なお、希望者には従来通り紙の冊子を郵送するとしている。
(画像はPGF生命・ホームページより)

▼外部リンク
PGF生命 プレスリリース
http://www.pgf-life.co.jp/NB300.do?NID=1495
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事