[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

生活支援情報 世帯分離相談 対応事例

役所から求められる公的負担の保険料や使用料、利用料などには、それぞれに負担額の計算方法が決められています

所得に関わらず一律の負担額のものもありますが、収入など、負担能力に応じて差がつけられているものもあります

高い理由 保険料計算

車やオートバイの税金、消費税などのように、誰もが一律で負担するものもありますが、収入の多い人、負担能力の高い人は、そうでない人よりも多くの負担を負うものもあります

本来、収入や財産など、負担能力が同等であれば、同じ負担が求められることになります

しかし、家族の状況、世帯の構成によって差がつくことがあります

個人レベルでの判断が基本となりますが、世帯を判断材料にするものがあります

保険料が高い理由 保険料計算の注意点 国民健康保険税

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


Source: 在宅介護のお金問題 できるだけ家計負担は少なくしたいものです

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事