[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

がんの治療法が進歩することで長期化、資金的な悩みも

チューリッヒ生命は昨年12月に「現在のがん治療と備え」に関する特別勉強会を主催し、そのまとめを3月11日に発表した。

がんの治療法には手術による除去、放射線治療、抗がん剤のほか、現在では免疫にアプローチする治療法が話題になっており、既に公的保険が適用されるようになった例もある。放射線治療の技術も向上して正確な照射が可能になり、入院の必要がない治療の選択肢も広がった。
がんは治療をしながら生きる時代になった。しかし生存期間と治療の長期化によって、経済的な負担、仕事との両立に悩む人も増えている。

スポンサーリンク

日本人の間で、がんの死亡率が高いのはなぜか

日本では年間100万人ががんに罹患し、38万人が死亡に至る。欧米と比較して死亡率が高い原因には、早期発見への意識の低さが挙げられるという。
早期発見で適切な治療が行えれば治療費は抑えられ、再発の可能性も低い。そのためにも定期的に検診を受けることが大切だ。そして治療の長期化に備えて、中長期のマネープランを立てることが必要になる。
がんの治療による一時的な支出の増加もあるが、その後に続く収入減少のダメージも大きい。勉強会のセミナーでは、仕事を辞めずに治療との両立を目指すことを強く呼びかけた。
(画像はチューリッヒ生命公式ホームページより)

▼外部リンク
チューリッヒ生命 「現在のがん治療と備え」に関する特別勉強会
https://www.zurichlife.co.jp/campaignevent/cancertreatment
●この記事に関連したニュースカテゴリ:チューリッヒ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事