[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

11月の末に一旦「辞めたいです」と言って、それが健康上の理由と
伝えると、休職を勧められて、2ヶ月休んだ後、2月に復帰。復帰して
からは、週3日勤務から週1日勤務になりました。


http://adm.shinobi.jp/s/93edebf4ced141b3fc7b8343571ddb43

時々ですが、「週1日勤務なんて行って意味あるかな? 」

と思ってしまう訳です。もう、辞めてしまった方がスッキリするのでは。

だけど踏みとどまろうとしている自分がいます。何故だろう。

職場では、まあうまくやっているというか、仕事はアタフタすることなく
こなせているんですよ。

なにせ週1日勤務なので、電話に出た時、聞いたこともない社名を言われる
と聞き返すことが多くなりましたが、(新規のクライアント様も多いので)
最近では新人さんが電話を取ることが増えたので、私が困ることは、そん
なに多くはなくなりました。

業務は慣れたことばかりなので、特に教えてもらうことも少なくなりました。

サイトの更新作業とか、他業者の調査とか、集計とか、文字校正とか書類
整理とか。一応、私は事務職ということになっています。(たいした計算
も出来ないのに)

時給はクリエイティブの頃より下がったけれど、クリエイティブに執着して
いたら、いま頃、クビになっていたかもしれません。そのくらい仕事が出来
なかったのです。訓練校で習った程度ではフォトショップも上手に使えず。

なので、事務としてここにおいてもらっていることは感謝しないといけま
せん。

WEB企業は、実際は女性にとっては働きにくい職種なのかもしれません。
社員さんの女性は少なくて、体調を崩して休んだり、育休の休暇明けで
頑張っていた人が急に来なくなったりして気になっています。

そんな中、私みたいなのが、ちょっとだけここで働けるというポジション
も悪くないと言うか、活かす方向で考えたらいいのではないかと思います。

逆にシフト少なくし過ぎで、「これでは働いているとは言えない」と
気にしているのですが、もう割り切って私にはコールの仕事で稼ぎを
調整できるのだから、WEB企業はちょっと働いているだけで満足って
感じで続けられないかと。

辞めても経済的にはまったく困らないのですが、辞めてしまったら、
もうこういう形で雇われる可能性はないかなぁと思うと辞められません。

あまり稼げないけれど、14時で仕事が終わったら、カフェに寄ったり、
図書館にいったり、ショッピングにいったり、仕事の後を楽しめるの
も、こっちの仕事の方だし。(コールの仕事は帰宅が遅いし)

それでも時々辞めることを考えるのは、もう、フリーで仕事探した方が
よくない? って考えが浮かぶから。だけど在宅ワークでライターをして
いた頃は「せっかくパソコンで仕事が出来るのだから、在宅は稼げない
し、外でWEBの仕事がしたい」って思って現在に至るわけだから。

だけど、私の場合はWEB企業で外で働く方が、在宅ワーカーの頃より
稼げてないです。ただ、事務所でWEBの仕事をしている気分だけ楽し
んでいる感じです。贅沢かな。

まあいいか。迷っている間は続けよう。ここの社長はとても優しいし、
前の会社よりは良い会社だと思っています。(前の会社はブラックでした)

こんな真夜中にブログ更新とは不気味ですが、夫の仕事に合わせて0時
起床。(真夜中なのに「おはよう」と言う)夫は2時に出勤しました。
息子が5時に起床するので、もう一度寝るつもりがなんとなく起きてい
ます。

今日も午後からコールのお仕事。もう少し寝た方が良さそうです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

Source: 週3日パートと在宅ワークの日々

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事