[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

地域社会の発展と県民サービスのさらなる向上が目的

第一生命保険株式会社は3月7日、広島県との間で、地域社会の発展と県民サービスのさらなる向上を目的として「包括的連携協定」を締結したと発表した。
全国47都道府県に約1,300の営業拠点と約6万名の社員を有する同社は、このネットワークを基盤に、系列会社の第一フロンティア生命保険株式会社、ネオファースト生命保険株式会社、株式会社第一生命経済研究所等と協力しつつ、全国を結ぶ連携協定等を通じて地域課題の解決に取り組んでいる。

広島県とは2015年8月に、社会全体で「子育て支援、働く女性の応援、県民の健康増進および高齢者支援」に取り組むため、連携協力協定を締結しており、主に県民の健康増進に向けた協働に取り組んできている。
今回、この連携分野をこれまでより大きく拡充し、11項目にわたる「包括的連携協定」を新たに締結することで、緊密な相互連携と協働による活動をさらに深化させ、両者共通の思いである「県民サービスの向上」と「地域の活性化」を目指していくとしている。

スポンサーリンク

食育の推進に関するイベントへの協力など

この11項目には、「健康増進・食育」、「少子化対策・子育て支援」、「高齢者支援・障がい者支援」、「女性の活躍・働き方改革」などに関することが含まれている。
このうち「健康増進・食育」に関することでは、 6つのナショナルセンターとの連携を活かし、健康増進やがん検診受診促進を目的とした生涯設計デザイナーによる健康・医療情報の提供、およびセミナーやイベントへの協力による普及啓発を行うほか、食育の推進に関するイベントへの協力を行うとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
第一生命保険株式会社 プレスリリース
https://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)
 
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事