[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

迅速な事故解決に向け開発に着手

損保ジャパン日本興亜は2月8日、自動車交通事故における責任割合自動算定システムを、ジェネクスト株式会社と共同開発すると発表した。このシステムを開発することで、責任割合の判定プロセスが明らかになり、迅速な事故解決につながるという。

スポンサーリンク

責任割合の正確な分析には多くの時間を要する

近年は事故の責任割合の判断材料としてドライブレコーダーの映像が利用されることが多いが、責任割合を正確に分析するには多くの時間が必要なのだという。
そこで、今回両社は事故解決を迅速にしようと、デジタル技術を駆使しドライブレコーダーの映像を自動分析できるシステムを開発し始めた。

ジェネクストの特許技術とAIを活用して映像分析

システム開発には、ジェネクストが保有する特許技術と、AIとが用いられる。ジェネクストが保有する特許技術では、ドライブレコーダー映像のような歪みのある映像からでも、速度や相対的な距離、位置情報を正確に分析できるという。
またAIは、ドライブレコーダー映像における車両挙動や道路形態を認識して判定するという。
この2つを組み合わせることで、事故に至る双方の車両の動きなど、多面的な情報を正確に読み取ることが可能となるのだという。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
ニュースリリース
https://www.sjnk.co.jp/news/2018/20190208_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事