[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
駿河台ビルの緑地で募集

三井住友海上火災保険株式会社は1月18日、千代田区にある自社の駿河台ビル屋上にある緑地菜園で利用者を募集していることを発表した。
今回の募集区画数は11区画ほどで、区画面積は約6平方メートルとなる。貸出期間は2019年4月から2021年2月末までを予定しており、駿河台ビルまでの所要時間が30分前後の近隣に在住・在勤・在学している家族または友人等の2名以上のグループが募集対象である。代表者には18歳以上が必要。
現在屋上菜園は2017年度の改修工事に伴う土壌メンテナンスのためモニター栽培等に限定しており、一般には開放していない。

原則無農薬で栽培

三井住友海上火災保険株式会社の駿河台ビルは1984年竣工当時より「周辺環境との調和」を理念として掲げており、地域の環境に寄与することを目的としている。
また、生物多様性保全に貢献する都市緑化拠点をめざしており、菜園では原則無農薬での栽培となる。併せてビル屋上という特質上、重量制限があり施肥方針以上の堆肥使用は禁止となる。
三井住友海上火災保険株式会社は一般社団法人ジャパンベジタブルコミュニティと連携することで野菜栽培講習会等の野菜づくりのサポート体制を充実させただけでなく、菜園を通じ、地域貢献を進めていきたいと意欲的である。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社ニュースリリース
https://www.ms-ins.com/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事