[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

空白の保障領域に挑む「生存保障革命」の取り組み

東京海上日動あんしん生命保険株式会社(以下「東京海上日動あんしん生命」)は1月22日、2月2日から新商品や新特約を発売すると発表した。

同社は医療保険や死亡保障ではカバーしきれない在宅医療、就業不能、介護など空白の保障領域に備える商品を開発する「生存保障革命」に取り組んでいる。これまで5疾病などによる就業不能に備えたプランを2012年に業界で初めて発売、好評を得てきた。
新商品「家計保障定期保険NEO 就業不能保障プランPlus」では対象疾病を5疾病から全疾病に拡大するのみならず、保険料の免除事由も拡大し、契約年齢や保険期間満了時の年齢も引き上げる。

スポンサーリンク

医療保険でも同様の特約を追加、就業不能保障を提供

新商品の就業不能保障部分と同様の保障は、2月2日から医療保険の特約としても追加される。これによって、医療保険でケガや病気の治療だけでなく、就業不能状態にも備えることができる。
東京海上日動あんしん生命は顧客のニーズに幅広く応えるために新商品を開発、これによってより多くの顧客にあんしんを届けることが可能になったとしている。
(画像は東京海上日動あんしん生命公式ホームページより)

▼外部リンク
東京海上日動あんしん生命 リリース
http://www2.tmn-anshin.co.jp/download/746/20190122news.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動あんしん生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事