[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
よりわかりやすくするために

ジブラルタ生命保険株式会社は1月10日、自社の冊子「これからのお金に差が出る!やさしい外貨のはなし」において、「実利用者ユニバーサルデザイン」認証を取得したことを発表した。
「これからのお金に差が出る!やさしい外貨のはなし」は外貨の特徴などについて図解入りで解説している冊子で、より具体的にわかりやすくするために改善が加えられた。これに伴い、内閣府認証特定非営利活動法人実利用者研究機構から認証されたかたちである。
「実利用者ユニバーサルデザイン」とは通常よく行われる専門家が対象物のデザイン評価を行う審査とは異なり、実際に利用する顧客にとってのわかりやすさをより一層向上していけるかどうかで審査される。
そのため、顧客が利用する際にはこうするであろうという行動観察をもとに調査は行われ、一連の改善プロセスが妥当に反映されているか、内容を正しく理解できるように改善されているかという点をクリアした製品やサービスに対して与えられる。

外貨をなじみある身近なものに

ジブラルタ生命保険株式会社は、「これからのお金に差が出る!やさしい外貨のはなし」の内容改善及び今回の認証取得により、外貨になじみの薄い顧客にとっても、外貨の特徴等がわかりやすくなった点を踏まえ、これからも顧客にとって重要な情報をわかりやすく提供していくことを目指すと意欲的である。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
ジブラルタ生命保険株式会社ニュースリリース
http://www.gib-life.co.jp/st/about/is_pdf/201901-1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ジブラルタ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事