[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

健康経営に効果的かつ持続的に取り組むために

アクサ生命保険株式会社(以下「アクサ生命」)は1月8日、法人向けの「健康経営サポートパッケージ」を2月1日から提供すると発表した。

健康経営とは企業が従業員等の健康管理を経営的な視点で考え実践することで、健康投資が従業員等の活力・生産性を向上させ組織が活性化し、結果的に企業の業績向上につながるとされている。
アクサ生命の新サービスは同社の健康経営アドバイサーがサポートを行っている法人を対象に、健康習慣アンケートなどのサービスを提供する。アンケートで職場の健康課題を特定し、同社オリジナルのプランで健康経営の実践を支援、経済産業省による健康経営優良法人認定の取得をサポートする。

スポンサーリンク

健康経営を実施したいが何から始めればいい?

高齢化と人手不足が進む現在、企業の持続的な発展を支える健康経営の認知度が高まっている。
しかしアクサ生命の「社長さん白書2018」は、どこから手をつければいいか戸惑う企業経営者の姿を浮き彫りにし、「健康経営サポートパッケージ」はこうした声に応えて開発された。
アクサ生命は健康経営の支援を通じて、地域社会のより良いパートナーとなることを目指していく方針だ。
(画像はアクサ生命公式ホームページより)

▼外部リンク
アクサ生命 リリース
http://www2.axa.co.jp/info/news/2019/pdf/190108.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事