[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

2つの変更点を案内

あいおいニッセイ同和損保は2020年4月に施行される民法改正に伴う同社の変更について、1月4日の「お知らせ」で案内した。

来年度の民法改正では、約款を用いた取引に関するルールが新たに定められる。また、法定利率も変更される。これにより、同社でも変更される点があるとしている。

スポンサーリンク

約款を用いた新たな取引ルール

「約款を用いた新たな取引ルール」では、損害保険契約についても、次の2つのケースにおいて約款の内容が変更されることがあるという。
2つのケースとは、「変更が顧客の一般の利益に適合する場合」と、「変更が契約の目的に反せず、変更が合理的である場合」としている。

人身傷害保険(ライプニッツ係数)の変更

民法改正による法定利率の変更では、利率が現在の年5%から年3%に変更され、その後も3年ごとに見直しが行われる。
自動車保険の人身傷害保険に使用するライプニッツ係数は、法定利率をもとに算出されているため、改正後はこの係数が変更となる。同社では、関係当局の許可を得て、変更後の法定利率(年3%)をもとにした係数に変更する予定としている。
また、変更後のライプニッツ係数は、2020年4月1日以降に発生した事故に適用する予定という。なお、ライプニッツ係数の変更により、支払保険金が増額する損害があるとしている。
(画像はあいおいニッセイ同和損保ホームページより)

▼外部リンク
お知らせ
https://www.aioinissaydowa.co.jp/info_2018122700301.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事