[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

インシュアテック推進に関する合意を発表

三井住友海上火災保険株式会社とヤフー株式会社は12月28日、損害保険領域でのインシュアテック推進に関する新たな取組みを開始することで合意したと発表した。
今回の合意により、これまでの「ちょこっと保険」販売ノウハウをベースに、最先端のインシュアテック技術を活用することで、保険に関する全ての手続きやサービスにて、これまでにない顧客体験価値の提供を目指すとしている。
「ちょこっと保険」は、ヤフーウォレット登録者(無料)向けの団体保険で、個人の状況に合わせて自由に設計可能なことと、保険料が月額40円からと気軽に加入できる。

ヤフープレミアム会員(有料)向けに2007年から提供を開始し、2016年からはヤフーウォレット登録者(無料)でも加入が可能となっている。補償開始、補償範囲の拡大が翌日から可能で、全ての契約に関する手続きがインターネットでできることが特徴となる。
今後両社は、最適なビジネスモデルの検討と構築を進め、2019年度に第一弾の保険商品・サービスの提供を目指すとのこと。
両社は、ヤフーウォレット登録者が、月額40円から気軽に加入できる団体保険「ちょこっと保険」を2007年に共同開発し、インターネット上で販売してきている。

スポンサーリンク

保険加入から保険金支払いまでをデジタルで完結

今後は、保険サイトに遷移することなく、Yahoo!ショッピングおよび旅行予約サービス商品購入画面上にて、一連の手続きの中で僅かなクリックとタップで必要な補償が得られるようAIが示唆することにより、保険加入から保険金支払いまでをデジタルで完結させることを目指すとしている。
この背景には、顧客の価値観が多様化していて、保険契約でも対面で十分な説明を受けた上で加入したいというニーズが存在する一方、スマホで必要な時に簡単に加入したいというニーズもあるという。
今回の合意により、前記ニーズに対し従来培った両社の10年超のノウハウを結集し、保険に関する全ての接点で、これまでの「簡単」「便利」だけでなく、「ちょっと気が利いた」「スマート」なおもてなしによる新しい保険の価値提供を目指すとしている。
(画像は三井住友海上火災保険株式会社HPより)

▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社 プレスリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2018/pdf/1228_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)
 
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事