[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
健康づくりの推進を目的

アクサ生命保険株式会社は12月20日、愛知県と相互連携・協力に関する協定を締結したことを発表した。
この協定には愛知県内の企業等における健康経営の普及促進に関することと、愛知県民の健康づくりの推進に関することの2点において協力していくことが盛り込まれており、アクサ生命保険株式会社は具体的に「愛知県健康経営推進企業」の登録制度や「あいち健康経営アワード」、「あいち健康マイレージ事業」をはじめとする県の健康増進施策の普及促進に取り組む。
また、こういった企業側の健康経営実践に伴い、県民の健康寿命を延ばしていくことも目的としている。
アクサ生命保険株式会社は自社の知見やネットワークを県の施策に役立て、県民の健やかな生活と地域の発展のために取り組みたいと意欲的である。

地域の持続的発展のために

アクサ生命保険株式会社と愛知県の付き合いは長く、日本団体生命時代の1967年9月に日本初の商工会議所共済制度として西尾商工会議所の生命共済制度を受託、また1970年4月には蒲郡商工会議所の特定退職金共済制度を受託するなど、事業者の福利厚生面や地域の発展を目的として活動を続けてきた。
アクサ生命保険株式会社は今回の連携協定の締結を通じ、事業所における健康経営の普及推進に関しても県下の商工会議所と協働していきたいとのこと。
(画像はアクサ生命保険株式会社ホームページより)

▼外部リンク
アクサ生命保険株式会社ニュースリリース
http://www2.axa.co.jp/info/news/2018/pdf/181220.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事