[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

2019年4月1日以降が保険始期日となる契約を対象

ソニー損害保険株式会社は2018年12月17日、自動車保険の商品改定を行うと発表した。

対象となるのは、2019年4月1日以降が保険始期日となる契約で、「無事故割引」の新設をはじめ、各種割引や保険料水準の改定が行われる。
今回導入される「無事故割引」は、前契約に等級ダウン事故などがない場合、等級ダウン事故などがあった場合に比べて保険料が2,000円割引となるというもので、他者からの切り替えで適用対象となる。全契約の保険会社を問わず、無事故割引が適用される自動車保険は現時点で同社の自動車保険のみとのこと。

スポンサーリンク

割引率の拡大や、特約の保険金額も増額に

各種割引や特約の補償の改定では、改定前は10パーセントだった「ゴールド免許割引」が12パーセントに、同じく5パーセントだった「新車割引」も9パーセントに改定される。
また、「個人賠償特約」での支払保険金の限度は、改定前は1回の事故につき1億円だったが、改定後は3億円へと引き上げられる。
さらに運転者限定区分も改定され、「本人・配偶者限定」および「限定なし」の2区分となるほか、「配偶者」の定義に「同性パートナー」が含まれるようになる。
(画像はイメージです)

▼外部リンク
ソニー損害保険株式会社のプレスリリース
https://from.sonysonpo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事