[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

サムライインキュベート社の6号ファンドに出資

住友生命保険相互会社(以下「住友生命」)は12月13日、株式会社サムライインキュベートの6号ファンドに出資したと発表した。

このファンドではサムライインキュベート社が出資者と連携して投資先の支援を行う。ポイントはIoT、AI、ブロックチェーン、ドローンなどの先端テクノロジーの活用をベースとした、企業の生産性の向上、革新的な製品・サービスの提供にある。
サムライインキュベート社は日本、イスラエル、アフリカのルワンダを拠点にして、ベンチャーキャピタル事業やデジタル・イノベーション支援事業を展開、既存産業に競争力と変革をもたらす可能性を秘めたスタートアップを支援している。

スポンサーリンク

投資先との連携で、デジタル・イノベーションを加速

住友生命の投資は、サムライインキュベート社の1号から6号までのファンドを通じて、生命保険会社としては初のケースとなる。
住友生命は2018年度に、東京とシリコンバレーで「スミセイ・デジタル・イノベーション・ラボ」を開設し、デジタル・イノベーションを推進している。
今回の出資によってファンドの投資先の企業とネットワークを構築し、人材育成や事業創出などを通じて、同社のデジタル・イノベーションをさらに加速していく方針だ。
(画像は住友生命公式ホームページより)

▼外部リンク
住友生命 リリース
http://www.sumitomolife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事