[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
iBank社との提携契約に基づいて

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は12月10日、株式会社ふくおかフィナンシャルグループとiBankマーケティング株式会社(以下、iBank社)、株式会社沖縄銀行の3社と新たな協働取り組みを実施することを発表した。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は平成28年9月よりiBank社と資本業務提携契約を締結しており、今回の取り組みはお互いが有するノウハウを活かすかたちとなる。
取り組みの開始時期は2018年12月17日(月)予定。

日々使えるスマホアプリでライフプラン診断を

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は今回の取り組みにiBank社が提供するスマートフォン専用アプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」を使用する。
Wallet+に損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のライフプラン診断サービスを搭載し、「ライフプランコーチfor Wallet+」を提供。
これにより、日々の家計管理をだけでなく、将来のお金についての診断もアプリ一つで行い、いつでも家計を見直すことが可能となる。
また、アプリから今回共に取り組みを行うふくおかフィナンシャルグループや沖縄銀行の銀行窓口やファイナンシャルプランナーへ相談予約することが出来、無料で直接相談をすることも可能となる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社ニュースリリース
http://www.himawari-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事