[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰

住友生命保険相互会社は12月18日、平成30年度「女性が輝く先進企業表彰」において、「内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰」を受賞したことを発表した。

これは、女性が活躍できる職場環境の整備を進めるため、平成26年に内閣府が創設した制度。役員や管理職への女性の登用に関する方針や取り組みおよび実績やそれらに関する情報開示に、顕著な功績があった企業が表彰されるもので、12月17日に内閣総理大臣官邸にて行われた表彰式で、片山内閣府特命担当大臣より表彰状が授与された。

スポンサーリンク

女性活躍推進に向けた取り組み

住友生命は、子どもの小学校卒業まで短時間勤務を可能とするなどの、充実した両立支援制度を整備しているほか、継続的なトップメッセージの発信や男性職員の家事育児参加推奨等を通じて両立への理解と制度利用の促進を行い、女性職員が継続して働きやすい環境づくりを図っている。
また教育体制の整備や充実と計画的な育成、ローテーションなどを通じて、中長期的な視点で女性管理職候補者の育成に努めている。
さらにPC強制シャットダウン等実行性のある対策や休暇取得推進、在宅勤務やモバイルワークなどの勤務制度柔軟化、既存業務の抜本的な削減などにも取り組み、働き方変革を推進している。
(画像は住友生命HPより)

▼外部リンク
住友生命相互会社のプレスリリース
http://www.sumitomolife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事