[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
オフィシャルサイト内コンテンツで受賞

三井住友海上火災保険株式会社は12月4日、自社のオフィシャルサイト内コンテンツがWebグランプリ企業グランプリ部門で優秀賞を受賞したことを発表した。
Webグランプリは公益社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会が主催しており、今回で6回目となる。デジタル社会の発展に際し、大きく貢献した「人」もしくは「サイト」が表彰対象であり、「Web人部門」と「企業グランプリ部門」の2つに分かれている。
そのうち、「企業グランプリ部門」は、各企業が見本とすべき秀逸な「Webサイト」に授与されるもので、今回は全58社104サイトが参加。各社から選出された369人の審査委員が相互審査を行って選出された。

防災・減災に役立つコンテンツが充実

三井住友海上火災保険株式会社の受賞コンテンツは、オフィシャルサイト内の「知ろう・備えよう災害対策」であり、内容の充実・使いやすさ・デザイン性などが評価されたかたち。
この「知ろう・備えよう災害対策」は、年齢問わず幅広い層のユーザーに防災・減災に関する有益な情報を提供すべく制作されたもので、地震・台風・豪雪など計10個の自然災害および災害時の行動に関する基礎知識や、意外と知らない情報、事前の備えが掲載されている。
三井住友海上火災保険株式会社は受賞をうけて今後も災害から顧客を守るために、よりよい保険商品やサービスを提供してくとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社ニュースリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2018/pdf/1204_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事