[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

Jリーグとの契約を更新、ともに地域社会の活性化を

明治安田生命保険相互会社(以下「明治安田生命」)は12月14日、Jリーグとのタイトルパートナー契約を更新したと発表した。

新たな契約期間は2019年1月1日から2022年末までの4年間で、お馴染みになったリーグ戦タイトル「明治安田生命Jリーグ」の呼称がこれからも続く。契約更新にあたり明治安田生命は、来シーズンから使用する大会タイトルマークのデザインを発表した。
明治安田生命はJリーグとの契約を通じて、地域に根ざし、地域社会で愛される存在であり続けることを願っている。これからも地域社会の活性化と問題解決に向けて、Jリーグとともに新しい価値の創出・提供を続けていく。

スポンサーリンク

これまでのスポーツ協賛の枠組みを超えた応援活動を

明治安田生命は2014年からJリーグのパートナーとなりJリーグを応援してきた。
社員が地元のクラブを応援するだけでなく、クラブのスポンサー企業との関係を強化するなど、これまでのスポーツ協賛の枠組みを超えた応援活動を行ってきた。
明治安田生命は全国各地域で小学生向けのサッカー教室、社会人向けのフットサル大会、明治安田生命Jリーグウォーキングなど、地域社会の健康増進をサポートする活動を展開している。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
明治安田生命 リリース
https://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事