[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
トンチン性に富んだ年金保険

ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社は2月21日、新商品の発売及び日本生命保険相互会社による販売サポートの開始を発表した。
新商品は「年金新時代」の名称で、トンチン性を取り入れた一時払いの定額個人年金保険。2019年4月より販売開始を予定している。
「年金新時代」は「人生100年時代」に備えるための商品で、死亡保障や解約払戻金を抑えることで年金額(年金原資 )を大きくするのが特徴的である。また、契約時に指定通貨を円、米ドル、豪ドルの3種類の通貨から選択することが出来、それによって年金原資の額が決定する。
もちろん据え置き期間が満了したら一時金で受け取ることも可能で、自身のセカンドライフプランに合わせて計画的に活用することが可能である。

日本生命のネットワークを使って

ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社は2018年の経営統合を機に、日本生命グループ一体となって顧客に最適な商品を提供する体制づくりを目指してきた。
今回、「年金新時代」の発売により商品のラインナップが拡充したことをうけ、日本生命保険相互会社のホールセラーによるニッセイ・ウェルス生命保険株式会社の商品販売サポートが本格的に開始することとなった。
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社はこれまで商品の販売を証券会社やメガバンクを通じて行ってきたが、今後は日本生命保険相互会社が全国に展開するネットワークを活用し、地域金融機関を通じた商品販売にも一層取り組んでいくとのこと。
また、商品ラインナップの拡充・強化に取り組むことで、これまで以上に顧客ニーズに幅広く柔軟に応えていくと意欲的である。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.nw-life.co.jp/news/release/pdf/n190221.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事