[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

保険と「ドローン飛行支援地図サービス」をセット販売

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)とブルーイノベーション株式会社および損害保険ジャパン日本興亜株式会社の3者は12月5日、ドローン飛行支援地図サービスに保険をセット化した「SORAPASS care」を、同日から販売すると発表した。
これは、ドローン飛行の安全を目的としたドローン飛行支援地図サービスと保険の両方に、同時に手間なく加入できるものとなり、業務とホビー利用のいずれもカバーするドローン保険は、国内で初めてという。

様々な分野での活用が進みつつあるドローンだが、それ自体の飛行情報を他へ発信あるいは共有する機能を備えていないことから、ドローン同士の衝突や有人機との衝突による事故を防ぐためにも、その位置情報をリアルタイムに把握し共有することが喫緊の課題となっていた。
一方、JUIDAとブルーイノベーションは、飛行前に飛行禁止エリアと気象情報の確認が可能なほか、国に対する申請書・報告書の作成をサポートするドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS」(WEB版)を、2016年5月から提供してきている。
そこで今回、ドローン利用者自らが自機の使用状況と緊急連絡先を発信して、他者と飛行エリアを共有する機能を新たに開発するとともに、損保ジャパン日本興亜が提供する保険をセット化したサービス「SORAPASS care」として、提供することとしたもの。

スポンサーリンク

ワンストップのトータルサービスとして実現

同サービスの特長は、セット化により、事故リスクの軽減が図れるだけでなく、ワンストップのトータルサービスとして実現したこととなる。
また、自機の飛行エリア発信、他機との飛行エリア共有が可能で、ドローン利用者同士のほか有人機およびドクターヘリ等、ドローン利用者以外への情報提供ができ、事故を未然に防ぐことができる。
さらに、飛行禁止エリアと飛行可能施設の最新情報を閲覧できるほか、同サービスの保険は、業務用、ホビー用の両用途ともカバーしていて、万が一事故が発生した場合でも、アプリ上に表示された事故連絡先に迅速に報告できるとのこと。
なお、保険の補償対象は、『SORAPASS care』への申込みを行った個人、または個人が所属する法人および個人事業主となり、事故が発生して補償対象者が法律上の賠償責任を負った場合には、1億円を限度に保険金が支払われるとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 プレスリリース
https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)
 
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事