[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

顧客本位の業務運営の実現に向けた指標

アクサ生命保険株式会社(以下「アクサ生命」)は2月20日、顧客本位の業務運営を実現するために同社が実施している調査の結果を公表した。

調査は2種類で、サービスへの顧客の総合評価と、同社の役職員全員を対象とした、基本方針の定着度を測る意識調査。
顧客を対象とした調査では、手続きをした顧客が満足度を5段階で評価した。新規契約をした顧客の満足度は2018年1月から12月までの平均スコアが4.35、給付金を受け取った顧客の満足度は4.43だった。

スポンサーリンク

社内での意識の浸透度を測る「社員パルスサーベイ」

社内調査では、『私は常に「お客様第一」を目指して行動している』ということばへの同意度を2019年1月に集計した。「強く同意する」あるいは「同意する」と回答した人の割合は95%だった。
アクサ生命では顧客本位の業務運営を実現する取り組みの一環として、社内での意識の浸透度を測る「社員パルスサーベイ」を実施している。調査は社員のその時々の認識をタイムリーに測定し、社員の様々なコメントも伝えている。
(画像はアクサ生命公式ホームページより)

▼外部リンク
アクサ生命 リリース
http://www2.axa.co.jp/info/news/2019/pdf/190220.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事