[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
その神経がわからん!その12

https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1443191393/l50

968名無しさん@おーぷん 2015/10/29(木)15:59:28 ID:35v
うちの嫁の話。
幼稚園年中の娘はピーマン、焼き魚、納豆が嫌いなんだが
嫁が工夫を凝らして娘に食べさせてる。
定番かもしれないがピーマン入りのハンバーグや、焼き魚をほぐして炊き込みご飯にしたりとか。
娘はあからさまなピーマンや焼き魚はまだ嫌がるが、嫁が工夫したものは美味しそうに食べる。
実際に年少のときに食べられなかった人参をグラッセや人参ご飯のおかげで克服した。

嫁自身も幼少期は偏食でいろいろ食べられなかったが、嫁母の努力でほとんど克服。
今は銀杏以外はなんでも食べる。
それはそれでよいが、俺にも嫌いなものはあるのに俺に対して気遣った料理は出さない。
俺はナスやきゅうりが嫌いだが、俺でも食べられるように調理してくれないというか・・・。

それを嫁に言ったら、「そうだね。父親があれこれ好き嫌いしてたら娘の為にならないもんね。なにかレシピを考えてみるよ」と言ってくれた。
そこでありがとうと言えばよかったんだが、残業して疲れてイライラしていたから、
「結局娘の為か。俺のためではなくてあくまで娘の為か。俺ってただのATM?」と言ってしまった。

続きを読む

Source: かぞくちゃんねる

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事