[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

家計の中の介護に関する費用を考えます 介護サービス利用料 介護保険料

一般的にメリットがあると言われていることでも、自分にもそのままメリットになるとは限りません

人それぞれに、生活事情が異なりますので、結果が違ってくることはよくあります

在宅介護に関する負担

求められる公的負担、保険料や介護サービスの利用料など、世帯の所得が影響してくる仕組みがあります

本人の収入は少なくても、同居している家族の中に、ひとりでも「相応の収入」がある人がいると、その世帯は「相応の収入のある世帯」と判断されてしまいます

家族の中の金銭のやりとりは、その家族によっていろいろですが、個々の事情は考慮されないようです

保険料 サービス利用料 介護に関する負担の損得 計算例

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


Source: 在宅介護のお金問題 できるだけ家計負担は少なくしたいものです

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事