[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

夫のネタが続きますが……。

時間をかけて夫が徐々にリビングを自分の部屋のように模様替え
していきます。


http://adm.shinobi.jp/s/93edebf4ced141b3fc7b8343571ddb43

気持はわかるんですよ。ウチは団地で狭いし、部屋は3部屋しかない。
1部屋は息子の部屋で、あとは寝室とリビングしかない。

以前まで、リビングに私のパソコンデスクがドーンとあったので、
夫もどうにも出来なかったみたいですが、私が頑張って、それを
撤去して、パソコンコーナーを寝室に運んだことで、リビングが
モノがないステキな部屋に…のはずが、そこに夫がモノを入れて
きて、またステキではなくなってきています。

最初に、人からもらってきたという、「幸福の木」を持ち込んで。
それはとても大きくて。いまは私が水をあげています。

いまの職場をやめた夫は、またさらにモノをリビングに持ち込んで
きました。そして「ここは、俺の部屋だ」と主張しています。

だんだん「俺の色」に染まっていくリビング。友人を通すことも
できなくなりそうです。そもそも、この団地に来てから、友人を
呼んだことは数えるほどしかなく、ほどんど外で会っています。

だけど、やっぱり機会があったら、

「ウチ、寄ってく? 」くらい言える家でいたいです。それで、もう
リビングに友人を通すのはあきらめて、寝室が私の部屋みたいに
なっているので、そこに通すしかないかなぁと思いました。

寝室もだいぶ整ってきました。ベットではなくお布団なので、昼間
は普通の部屋として使えます。あとは小さいテーブルがあればいい
かな。コンパクトなのがいいから、折り畳みできるのがいいな。

確かに夫のコーナーがない頃の部屋は夫は多少は我慢していたのかも
しれません。ある日、私が仕事に行っている間に、車に置いていた
荷物などをまとめて部屋に持ち込んだのが始まりで、徐々に夫のモノ
が増えていきました。

自分の居場所がないと夫が家に帰ってこないというけれど……

自分の居場所を確保してからの夫は、家に帰ってくる時間が早く
なってきた気がします。家に帰っても自分の居場所がなければ、
寄り道して和みたくなるものなのかしら。

そう考えると年に数回しか来ない誰だかわからない人のためでは
なく、いま住んでいて毎日暮らしている人を優先するのが当然
なのかも。しかも夫は家の主だったりします。

いまは、これでいいかな? いろいろうまくいってない気もする
けれど、とりあえず、どの部屋も片づけて暮らしやすくしたい
です。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

Source: 週3日パートと在宅ワークの日々

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事