[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

夫が「車検で最初に3万円現金で払わないといけないから」とお給料日
に言っていたので、私はちゃんと3万円を別口座に入れていました。


http://adm.shinobi.jp/s/93edebf4ced141b3fc7b8343571ddb43

そして今朝、「あの3万円用意しておいて、明日、車検に行くから」

と夫が言う。

今日は土曜日なので、手数料が100円かかる。もったいないなぁ。それを
夫に言うと。

「仕方ないよ」

となんてことない感じで言う。

そうならないために、私は、お金は、ゆうちょ銀行(休日も手数料無料)
に入れておくことが多いけれど、今回は3万円がなくならないように、
あえて簡単に下ろせないような口座に入れて、その通帳は持ちださない
ようにしていた。

そのくらいお金を残すということは真剣勝負だったりする。

私も仕方ないから、もう100円払おうと思ったのですが、払わないでよい
方法を思いつく。私の楽天銀行から3万円引き出す。楽天銀行は月に何回
とステージによって無料で出金できるようになっている。私は普段、
入金したら、あとは出さないので、無料回数はいつも残っているので、
それを使おうと思う。

そして、連休が終わったら、夫の銀行に入っている3万円を引き出し、
もとの口座に戻すわけですが、楽天銀行は3万円から入金も無料の
はずだけど、私はいつも入金のときは、ゆうちょ銀行からの入金…
という方法を選ぶようにしている。なんか安心だから。時間はかかる
けど。

だけど一旦、ゆうちょ銀行にお金を入れて、そこから楽天銀行に振り込む
手続きをすることになる。ちょっとめんどう。まあ、慣れているけど。

この手続きは月に1回はしていて、それは私のお給料が入ったら貯金する
ので、マメに振込している。もうすぐ月に1回の振込みでの貯金をする
時期なので、2回もその手続きをしないで、次のときに3万円多く入金
すればいいかな…と考える。

なので今回の夫から返してもらう3万円は、私の別の口座(地方銀行)に
でも入れておけばいい…という考えに至った。

こんなこと、夫に説明しても、ちんぷんかんぷんになるので何も説明
しない。だけど、よく考えてみれば、金曜日の朝までに夫がお金が必要
な日になったことを教えてくれないからこういうことになったので、
こんなめんどうなことしないで100円手数料を払って、夫の口座から
100円減ったらいい…とも思う。

だけど私が100円を銀行に奪われるのが耐えられないんですよ。なので、
手間暇かけて100円を守ることにします。

私はいつも金曜日になると、「お金を下ろしておかなくて大丈夫かな? 」
と考えるクセがある。3連休とか年末年始だったら特に考える。お財布の
中を確認したり、大きな出費がないか振り返ってみる。年末年始は、
数万円は下ろしておく。急に病院に行くことになっても大丈夫なように。

だけど、たぶん夫は考えない人。息子は最初は考えない人だったので、
私が、息子に手数料のことを教えて、できるだけ平日にお金を下ろす
ように…と説明した。

息子はできるだけ、それを守っているけど、時々、「ええい、もう仕方
ないから100円払ってお金下ろす」と言うときがある。でも、まだ考えて
いるだけでもマシだと思う。

実母にいたっては、

「手数料なんてあまり考えない」

と言う。気分屋さんなので、お金がいると思ったら、いまが平日なのか
休日なのか、時間とかいっさい考えずお金を下ろす。実母が一番お金に
だらしない。人に「お金を貸して」とか平気で言う人。

私はやっぱり銀行手数料は極力取られたくないので、多少はめんどうな
ことになっても、その方法を取ると思う。

だけど、あきらかにお金がかかることがわかっているのに最近地下鉄で
通勤しているように(自転車通勤は交通費は節約できても私の2時間という
大切な時間が奪われるから)手数料100円を払ったら、私があとでお金を
あっちにやったりこっちにやったりしなくて良いので、まあ妥当な金額
かもしれないとも思う。

今日はコールのお仕事。土曜日に働くのは今日で最後にしようと思う。
またお金を稼ぎたくなったら働くかもしれないけど。来週から友人との
ランチなどに土曜日を使う。今月は3件の約束がある。すごいですよね。
休みを作ったとたんに、友人と会えるなんて。すてきな週末になりそう。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

Source: 週3日パートと在宅ワークの日々

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事