[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

家計を補う、生活を立て直すための生活支援 公的支援サービス

個人所得に課税される所得税や住民税の控除のひとつ「障害者控除」を受けるためには、障害者手帳の交付を受けていることが必要となります

しかし、障害者手帳の交付を受けていなくても、自治体の長が障害者手帳の交付対象者と同等の状況にあると判断すれば、障害者控除を受けることができます

家計負担の軽減 在宅介護

障害者控除など、控除の金額が増えれば増えるほど、所得税や住民税の負担は少なくなる仕組みです

障害者控除は控除額が大きいので、税額としてもかなりの差となります

もともと収入が少ない方は、控除が増えても関係ないと思われるかもしれません

しかし、住民税の場合、障害者控除の対象者は「非課税基準」が優遇されます

非課税になるかならないかで、様々な支援措置、負担軽減措置が受けられるかどうかが変わってくることがありますので、注意が必要です

65歳以上の人の障害者控除対象者認定書とは? 非課税世帯になるための有効な手続き

生活問題家計問題 家計を助ける生活支援 支援サービス


Source: 在宅介護のお金問題 できるだけ家計負担は少なくしたいものです

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事