[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

Windows7の個人向け延長サポート期間が、2020年 1 月 14 日 に終了します。

これを過ぎてしまうと、セキュリティ更新プログラムを受けられなくなるため、パソコンを使い続けるのは危険です。

そのためMicrosoftとしては、延長サポート期間の終了を迎えるまでに、Windows7の利用者を徐々に減らしていきたい意向のようです。

しかし2018年10月時点では、Windowsを利用している方の4割くらいが、まだWindows7を利用しているというデータがあるため、これから急ピッチでWindows10が搭載されたパソコンへの、買い替えが進んでいくと考えられます。

パソコンを買い替える際は、MicrosoftOffice(Word、Excelなど)、セキュリティソフト、バックアップソフトなども、新しいものに買い替えるかもしれません。

この中で特にMicrosoftOfficeは、かなり値段が高いため、不満を感じる方が多いようです。

しかしWindows10の使い方を紹介する本を読んでいたら、これらを買わないで済ませるアイデアが掲載されており、こういったものを上手く活用すれば、不満を減らせる可能性があります。

そのアイデアとは例えばセキュリティソフトの代わりとして、Windows10に標準で搭載されているWindowsDefenderを、有効に活用するというものです。

それで大丈夫なのかと思いますが、最近のWindowsDefenderは第三者機関により、市販のセキュリティソフトと同じくらいの評価を受けているため、性能的には問題がないようです。

またバックアップソフトの代わりとして、Windows10に標準で搭載されているバックアップ機能を、有効に活用するというアイデアも掲載されておりました。

そしてMicrosoftOfficeの代わりについては、Windows10に標準で搭載されているWordpadを活用する、WPSOfficeなどの安い商品を購入する、LibreOfficeなどのフリーソフトをダウンロードするといったアイデアが、掲載されておりました。

これらを総合すると、まずはWindows10に標準で搭載されているものを、有効に活用するのです。

また標準で搭載されているもので、満足できない場合には、無料または安い値段で入手できるものを活用するのです。

パソコンが得意な方にとっては、特に目新しいアイデアではないかもしれませんが、個人的にはとても参考になりました。

また生命保険や医療保険の保険料を、安く済ませようとする場合にも、このアイデアが活用できると思ったのです。

例えば厚生年金保険に加入する会社員が死亡し、保険料の納付要件などの所定の要件を満たす場合には、その家族に対して「遺族基礎年金」や「遺族厚生年金」などの、遺族年金が支給されます。

また例えば健康保険に加入する会社員が、業務外の病気やケガで仕事を休んだ時は、休職する前の給与の3分の2くらいの「傷病手当金」が、1年6ケ月に渡って支給されます。

このように会社員の場合には、民間の保険に加入しなくても、これだけの保障が標準で付いているのです。

ですからWindows10に標準で搭載されているWindowsDefenderを、有効に活用するのと同じように、まずはこれらの保障を有効に活用するのです。

そして遺族年金を有効に活用したとしても、保障が十分ではないと思ったら、足りない分だけで生命保険に加入し、また傷病手当金を有効に活用したとしても、保障が十分ではないと思ったら、足りない分だけで医療保険に加入します。

ただ生命保険や医療保険に加入するとしても、まずはMicrosoftOfficeのような高い商品ではなく、WPSOfficeのような安い商品を探してみるのです。

個人的には職場で加入できる団体保険、各種の共済やネット生保が販売する生命保険や医療保険が、それに当たると思います。

このような手順で生命保険や医療保険に加入したり、契約内容を見直したりすれば、これらの保険料をかなり安く済ませられるはずです。

逆に標準で付いている保障を考慮しないで、生命保険や医療保険に加入していたとしたら、必要性の低い保障に対して、高い保険料を支払い続けていかなければなりません。

Source: 生命保険、医療保険に加入する前に知っておきたい、社会保険の知識

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事