[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

生活問題家計問題 家計を助ける生活支援 支援サービス

対象者の収入に応じて負担が決まる仕組みは、公的負担などで使われています

収入が多い人は、収入が少ない人よりも、求められる公的負担は多くなります

生活負担 世帯収入

対象者本人、個人単位で決められるものであれば、同じ収入であれば、負担額も同じということになります

しかし、公的負担の中には、国民健康保険などのように、対象者本人の収入だけでなく、世帯の収入状況が関係するものがあります

同じ収入額であっても、同居する家族の状況によって、求められる公的負担額に差がつくことがあります

収入所得に応じて求められる公的負担に差がつく仕組み

世帯収入 収入所得に応じて求められる公的負担に差がつく仕組み

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


Source: 在宅介護のお金問題 できるだけ家計負担は少なくしたいものです

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事