[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

「毎月あと3万あったら・・・」

マネ-

これ、どれだけ収入が増えても

お金の教養が身についていない場合、

頭によぎりやすい思考かと思われます。

事実、私も、無職の時は

(はやく仕事が決まり、お給料がもらえたら)

と思っていたのに、働きだしたら

(これだけじゃ足りない・・・)

だから、その穴を埋めるために

私は副業をしました。そのお蔭で、数万~

数十万、多く稼ぐこともできました。

それなのに・・・。

当時を振り返るとその時期はハッキリ言って、

ぜんぜん豊かじゃなかった。

足りない思考のままでは

いくら稼いでも、そのお金でどんな経験をしても

やっぱり最後は

「あと数万円あったら・・・」

そんな経験を重ねた私が、いまもし、

「毎月あと3万ほしい」と思うのであれば。

まずは、

今の収入で、あと3万残せる方法を考える

ことをお勧めしたいです。

今より3万多く稼ぐ方法は、

じつは結構な負担(ストレス)を、

ワタシに与えていました。

3万稼ぐために、やりたくない仕事をした時も

ありました。それでお金を稼ぐことは出来ました

・・・が、無理して稼いだお金は、けっきょく、

そのストレス解消のために、使われることに

なりました。ストレス解消のために、

ストレスを感じる副業をし、お金を稼ぐ・・・。

そして、ストレス発散の為にそのお金を

使う。。。自転車操業ですね、これ。

ダイエットと同じですが、無理な方法では

かならず〈リバウンド〉が来ます。

一か月で5キロやせる!

その方法は、食事制限!食べたいものを

我慢して、痩せる!

これ、確かに痩せます。

わたしもやったことがありますが、一週間で

5キロとか、カンタンに落ちました。

※若い時は!(笑)

でもね、カンタンに元に戻りました。

いやいや、下手したらもっと太ってしまった

こともありました!

〈リバウンド〉これは、ダイエットだけでは

ありません。お金も同じです。

無理な方法は、必ず〈リバウンド〉が

やってきます。

ですから、まずは今の自分の状況をしっかり

把握するためにも、今の収入であと3万円

残す方法を考える。

これは、どういう効果があるのか?というと

どんな環境でも暮らしていける柔軟性を

身につけることができる!と思います。

つまり、

今を、豊に生きることが出来る体質になれる♪

今を豊に暮らすことができなければ

過去のわたしのように、いくら収入が増えても

ストレスを感じ、けっきょくお金が無駄な所へ

流れて行ってしまうから。。。

ですから、ますは、今の自分の身の丈で暮らすこと。

今の収入から、まいつき何割か貯金し、

何割かを自分の喜びに使えるように・・・

じぶんのお金の使い方を見直し、体質を改善する。

3万多く稼ぐことよりも、3万多く残せる体質へ

改善した方が、数年後。もっと豊かさを引き寄せる

体質になる!と私は実感しています。

じっさい、私の同期や同級生の中で副業せず、

今の自分の身の丈の範囲で楽しみ、貯金もしていた

友たちはいま、とても豊かな生活をしています。

そりゃ、良い事ばかりではありません。

じぶんの親と兄弟の介護をし、子供も障害を抱えて

いて、まいにち忙しくしている友達もいますが、

そんな中でも、自分も楽しむことを続けている。

すごいなあ・・・って思うんです。

ただ、本人からしたらそれが普通なの。

現状に満足せず、足りない部分に目を向ける体質

じゃないから。自然と、今の現状で、

自分が楽しく過ごす方法を探す。

その結果、自然とお金も流れてくる。

(彼女の場合、旦那様がたっぷり稼いでくれております♪)

40後半になって思う。

やはり、今をどう生きるか?

その積み上げが、未来を作るんだって。

しいては、今を豊かに生きれば

未来も今と同じく、豊かさを感じて

過ごしているのだ、と。

あと3万・・・

その3万を、どうしたら稼げるか?を

考えることも大事ですが、そのまえに

今の収入で豊かさを感じられるように・・・

今のお金の使い方を見直すし、3万残す方法を

考えてみる。

それは、どんな収入になっても、その範囲内

で豊かにいきる体質へ改善していくことに

なる♪

その先は、きっと。

3万多く稼げるじぶんの未来につながると

わたしは、思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ランキングに参加しています。応援して頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



Source: 習慣が私を変える!~まいにちの小さな積み重ね~

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事