[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

生活支援サービス 非課税世帯を対象とした生活負担軽減措置

対象者本人の収入が少なくても、世帯の中に、ひとりでも収入が多い人がいると、その世帯は「収入の多い世帯」という判断です

本人の負担能力だけでなく、家族全体を判断材料にするのは概ね間違っていないにしても、個々の家族の生活実態はいろいろです

収入額 世帯主

公的負担の積算においては、必ずしも、生活実態を正しく判断されていない場合があります

重いはずの負担が軽くなっているケースもありますが、本来、軽いはずの負担が重くなっているのは、深刻な問題です

家計のやりくり、お金の管理については家族ごとの考えもあるので、一律に判断するには難しいところです

非課税世帯を対象とした生活支援サービス、生活負担軽減措置

世帯収入 収入所得に応じて求められる公的負担に差がつく仕組み


Source: 在宅介護のお金問題 できるだけ家計負担は少なくしたいものです

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事