[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

ども
ども
ギラです

皇室には 
いわゆる 「愛子様」とされる人が
確実に 複数存在します!(断言)

その 複数の愛子様の中で
どの愛子様が本物で どの愛子様が偽物か
という問題よりも

この複数の愛子様が実際に存在し
それを同一人物と言って 
国民を皇室が騙している事が問題なのです。

----------------------------

まずは こちらの 二つの記事を
先に ご覧下さい。
  ↓ ↓ ↓
愛子様17歳、ついに墓穴を掘った宮内庁:一切の言い訳が不可能に!

複数の愛子様の “目” の研究: 浮上してきた新たな証拠

上記の ①と②の記事の分析結果から考えると
最低、2人以上は愛子様と呼ばれる人は存在した。

そして
2016年、2017年に 愛子様として登場してた人は
2014年、2018年に 愛子様として登場している人と
明らかに 別の人であると思われるという事です。

上記 ① ② の記事については
感情論では無く、物理的に分析された結果に基づいて
考察され 導き出された可能性の高い考察です。

この物理的検証の場において
・そんなハズは無い だとか
・皇室が国民を騙すはずが無いだとか
そんな 個人個人の感情論は不要です。

有るのは、物理的な数字上の事実のみです。

-----------------------------------

つまり
皇室は国民に嘘をつき 欺いている。

それは何を意味するかと言うと

天皇皇后両陛下は、国民に嘘をつき欺いている。

そして

皇太子夫妻は、国民に嘘をつき欺いている。

さらには

秋篠宮家も、それに同調して欺いている。(同罪)

という事になります。

国民に対して嘘をつき欺く皇室の方々を
申し訳ないけれど信用する事は出来ません。

この愛子様に複数の愛子様が実在するという事実は
もはや、都市伝説や陰謀論の領域では無く
事実と断定して良いレベルであると判断してます。

皇室の方々は嘘をつき、国民を騙していますが
これは、皇室の方々だけでは不可能です。

宮内庁も組んでます。
テレビ・新聞各社のマスコミも組んでます。
そして、日本政府も組んでます。

全員が グル です。

そうでなければこんな事 不可能だと思います。

ということはですよ
これが何を意味するかと言うと

これこそが
日本のタブー 
触れてはならない暗黒面

という事です。

触れてはならないタブーだと
解っている人の多くは
知ってて沈黙しています。

きっとそれが正解でしょう。

何故なら、いくら声を上げたところで
どうにもならないからです。

下手に声をあげると
ポアされてしまうでしょう。

---------------------------------

少なくとも
この様な疑惑が有るのが
今の皇室であり
次の天皇皇后として予定されている
皇太子一家 なのです。

悲しい事です。

それでもこのまま
来年には、皇太子夫妻が
天皇皇后になられるのでしょう。

これがこの国の現実です。

すめらぎいやさか
すめらみこといやさか

であ
であ
ギラ
Source: ギラの日本を護りたい!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事