[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

今上陛下は23日に85歳の誕生日を迎えるにあたって記者会見を行い、現在のお気持ちを述べられました。

災害だらけ
平成 という時代

その平成の天皇陛下

天皇として

これらの災害の責任は
全て私の不徳の致すところです。

とおっしゃって欲しかったですね。

天皇としての自覚がおありなら。

そもそも この原稿は
陛下自身がお書きになられたのでしょうかね?

途中、感極まるような お声にも聞こえましたが
御自身で書かれたならそうならない気もしますが。

やたらと
皇后陛下 美智子さまを アゲ てます。
終始 この点が強調されてた気がします。
それがなんとも・・・。

きっと美智子皇后が原稿を書かれたのではないですかね。

そして
日系の方々が海外において
「助けられた」と強調してますが
日系の方々が海外において
「助けた」事には触れられて無いのも
とても残念に感じましたね。

また
日本に海外の人が働きに来る体で
移民としてやってくる事を推奨している風にも
聞こえます事も 残念に感じました。

「天皇」とは 日本国民統合の象徴である
と位置づけられたのは、敗戦後に
アメリカから押し付けられた憲法によってです。

しかし「天皇」とは 憲法以前の御存在です。

日本国にとって
日本人にとって
本来なら、単なる「象徴」ではないのです。

ところが今上陛下はその
与えられた「象徴」にのみ
焦点を当てられてこられたように感じます。

先天陛下におかれましては
決して単なる「象徴」とは
思っておられなかったと思います。

これらはすべて
ギラの個人的感想です。

あれだけ
今上陛下の事を
ありがたい と思っていた自分が
はるか遠い昔の様です。

世の中には
知らないでいる方が
幸せな事ってありますね。

一度知ってしまったら・・
一度気づいてしまったら・・
もう二度と元には戻れません。

それでは

すめらぎいやさか
すめらみこといやさか

Source: ギラの日本を護りたい!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事