[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

生活困窮状態 生活苦 生活不安を防ぐための方法 リアル世帯分離

求められる公的負担の中には、その人の所得、負担能力を考慮して決められるものがあります

同じ行政サービスを受けていても、負担する金額に差がつけられるということです

世帯収入 収入所得

一般的には、収入が多い人の負担は重く、収入の少ない人は負担が軽くなる仕組みで、自治体や事業による多少の違いはありますが、基本的な考え方は同じです

しかし、個人の収入だけでなく、同居する家族の収入も考慮して決められるものもあります

介護保険料では、本人の収入が少なくても、同居の家族の収入が多ければ、負担ランクが上がる仕組みとなっています

個人収入だけでなく世帯収入が影響する公的負担を考えます 世帯分離メリット

世帯収入 収入所得に応じて求められる公的負担に差がつく仕組み

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


Source: 在宅介護のお金問題 できるだけ家計負担は少なくしたいものです

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事