[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

全国民に批判されても、僕が「消費税を上げるべきだ」と叫ぶ理由 もう「自己責任社会」は終わりにしよう

Photo by gettyimages

スポンサーリンク

「税を払いたくない」の根底にあるもの

税の話をすれば嫌われる。そんなことくらいはわかっている。僕だってわざわざ人から嫌われたくはない。いわんや財務省に気に入られているわけでも毛頭ない。
どうしても解せないから考えたいのだ。なぜ、税がとても高いことで知られる北欧の国ぐには、日本よりも経済成長率が高く、所得格差が小さく、社会への信頼度や幸福度が断然高いのだろうか。そんな素朴な疑問がどうしても頭からはなれなかった。
北欧諸国(スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェー)の平均値と日本の数値をくらべてみよう。
税と社会保険料をあわせた国民負担率は、北欧が59%、日本は43%、北欧のほうが断然、負担は大きい。だが2000年~17年のGDP成長率を見ると、北欧が1.7%で日本は1%だ。
他者を信頼するかを尋ねると、北欧の人たちは73%が賛成するが、日本は34%にすぎない。幸福度にいたっては北欧が5位、日本は51位という有様だ。
税が高い社会が悪い社会というわけではけっしてないはずだ。それでも僕たちは税をひどく嫌う。いったいどうしてなのだろう。
「税」への反発の強さを見ると、その社会の姿が見えてくる。
頑張って稼いだお金を自分のためだけではなく、だれかのためにも払う、それが税だ。もちろん税は強制的に取られる。だけど、その根底に、同じ社会を生きる人たちと「痛みを分かち合おう」という気持ちがなければ成立しない仕組みであることも、事実だ。
反対にいえば、税の痛みがつよい社会とは、その社会を生きる人たちが「ともに生きる意志」を持てない社会だということになる。
Photo by gettyimages
日本は税の痛みが強い。中間層の税負担について尋ねると、北欧では32.3%の人たちが「あまりにも高い」「高い」と答える。これに対して日本では50.1%だ。北欧に比べて税が安いはずの僕たちのほうが、税に強い痛みを感じている。
ちなみに、貧しい人や、お金持ちの税負担について尋ねてみると、「あまりにも低い」「低い」と答えた人の割合も、明らかに日本の方が大きい。
内閣府による暮らしぶりを尋ねた調査を見てみると、驚くべきことに回答者の93%が「自分は中流だ」と答えている。大勢の人たちが「自分の税は高いけれど、自分以外の人たち(富裕層や貧困層)の税は安い」と考えていることになる。
もう一度いおう。税は「ともに生きる意志」をあらわす。でもこの国では、多くの納税者が「自分よりもまず、別のだれかから税を取れ」と考えている。なんとも悲しい話じゃないだろうか。
スポンサーリンク

ただの「人間の群れ」になってしまう

ともに生きる意志を失えば、価値を共有することもむつかしくなる。
「あなたは、ご自分の人生をどの程度自由に動かすことができると思いますか」という問いについて、「全く自由にならない」から「全く自由になる」の十段階評価の日本の平均値は60カ国中59位だ。
「あなたは進んでわが国のために戦いますか」という問いに賛成する人の割合は最下位であり、「どれくらい自国には個人の人権への敬意があるか」という問いに肯定的な回答をした人の割合も、34位とふるわない。
自由、愛国心、人権、これらは「普遍的価値」と呼ばれる。つまり、どの国でも一般的にいって重要だといわれる価値観だ。
だが、そうした普遍的な価値を分かちあうことができず、利己的で孤立した、ただの「人間の群れ」へと僕たちの社会は変わりつつある。
仲間意識を持てなければ、目の前の人びとの苦しみへの関心も失われる。
実際、日本の財政を見ると、税と支出の両面で、所得格差を是正する力はOECDのなかで最低レベルだ。そして、所得格差を是正すべきだ、という問いにたいして賛成する人たちの割合もまた、少ない。平等という普遍的価値も共有されていないのだ。
他者への無関心だけならいい。「他人を犠牲にしなければ豊かになれない」という問いに賛成する人たちの割合は、1990年の24.8%から2010年には38%へと上昇した。所得格差を放ったらかしにするだけではなく、自分が豊かになるためには他者の犠牲も止むを得ない――人びとはそう考えはじめている。
ようするに、財政とは「共同行為」なのだ。生きること、暮らすこと、その究極の目的のために、人びとはともに税を払い、ともに未来の安心を形づくろうとする。
税への抵抗が強い社会とは、価値や目的を共有できない、だから共同行為も成り立たない社会だ。だから僕は、これを「分断社会」と呼んできた。
Photo by gettyimages
注意してほしいことがある。日本の財政は空前の債務に苦しんでいる。でも、それは、単なる収入と支出のアンバランスの結果ではないのだ。
ともに生きることを受け入れようとしない人たちは、自らの負担に、自分以外の者に使われる税に、強い抵抗を示す。分断された社会の象徴が財政赤字の積み重ね、政府債務だ。危機的な財政の裏側には、引き裂かれた社会という慄然たる現実が横たわっている。

「自己責任」で縛り合う社会

左派やリベラル、そして現政権もこぞって使うことばに「共生」がある。だけど、現実の日本は、明らかにこれと反対の方向へと進みはじめている。
なぜこんなことが起きたのだろう。この問いに答えるヒントは「自己責任」だ。
日本ほど「自己責任」という考えを重んじてきた国はないかもしれない。現役世代に向かっている社会保障の対GDP比は、OECD加盟国のなかで3番目に低い。また、教育費の私的負担は一番大きい。つまり、子育て、教育、医療、介護、障がい者福祉、いずれをとっても自らの収入で、蓄えを作り、自己責任で将来にそなえなければいけないのだ。
ひとり親家庭にかんする衝撃的なデータがある。日本のひとり親家庭の9割は母子家庭だ。常識で考えれば、母親が働きにいけば、まずしい家庭の割合は減るだろう。ところが日本では母親が働くよりも、働かないほうが貧困率は下がる。
理由は簡単だ。子育てをしながらの正社員はむつかしい。でも、非正規のダブルワーク、トリプルワークで必死に働いても、生活保護のほうが収入は多い。
生活保護の一般的な利用率はスウェーデンで8割、フランスで9割だそうだ。他方で、日本のそれは15%程度、ひとり親家庭の就労率はOECDで3番目に高い。
なぜ、まずしくなるのに、母親は働くのか。それは人様のご厄介になることは「恥」だからだ。例えまずしくなろうとも、自己責任で生きていく、それがこの国では美徳なのだ。
将来不安はまずしい人たちだけの問題じゃない。仮に、夫婦各人の年収が1000万円、世帯収入2000万円の家庭があるとしよう。明らかな富裕層だ。でもどちらか一方が、けがや病気、あるいは精神的疾患で働けなくなったとする。するとその瞬間に、住宅ローンは支払えなくなり、子どもの教育水準も維持できなくなる。
自己責任の社会とは、運が悪ければ、だれもが将来不安に直撃される社会だ。責任を果たせなければ、「まじめに働かなかったからだ」「努力が足りないからだ」と突き放される。それなのに、この自己責任を果たせない人たちが急速に増えつつある。
Photo by iStock
勤労者世帯の手取り収入のピークは1997年だ。21年前がもっとも豊かだったというのは異様なことだ。一人当たりGDPを見てみても、2000年には世界で2位だったが、現在では25位にまで低下している。
世帯収入400万円未満、手取りでいえば、340~50万円程度の人たちが全体の45%を占めている。それだけじゃない。かつては先進国で最高だった家計貯蓄率は、近年ではゼロ近くまで低下し、二人以上世帯の3割、単身世帯の5割が貯蓄なしと回答する。
自己責任で生きていくには、あまりにも経済が弱くなってしまったのだ。

増税で「寛容な社会」をつくる

自分たちの生活がきびしくなれば、他者への寛容さは失われる。だれかのために税を払うくらいなら、自分の暮らしのために蓄えをしたい。冷静に考えればもっともな話だ。
だが、ちょっと待ってほしい。全体の93%は自分を「中流」だと思っていたのではなかったか。本当に中流の暮らしが維持できているのなら、なぜそんなに税に痛みを感じるのか。
統計からわかることは、「子ども」と「持ち家」をあきらめたという悲しい現実だ。他者と同じような生活をするために、家族と終の住処をあきらめたのだ。
明らかに僕たちはまずしくなった。それなのに、自分はギリギリ中間層だと信じたい人が大勢いる。そんな社会が社会的弱者を慮れるはずもない。ちなみに、生活水準について尋ねた国際比較データを見ると、調査対象38カ国のなかで「中の下」と答えた人の割合が一番多かったのが日本だ。
いまの日本は、一部のだれかが困っている国ではないということだ。大勢の人たちが将来不安におびえている。「5年前より暮らしが良くなった」という問いに賛成する人の割合は17カ国中15位、「5年後は暮らしが良くなるだろう」という問いに至っては最下位だ。
だからだろう。人びとは「だれか」ではなく、「みんな」が安心できる社会を望んでいる。「国民みなが安心して暮らせるよう国は責任をもつべき」という問いにたいして、1990年に63.2%だった賛成者の割合は、2010年には76.4%へと増大した。
僕はこうした価値観の変化にしたがって、ひとつの提案をしたい。それは、消費税を軸として、みなが税で痛みを分かち合う一方で、子育て、教育、医療、介護、障がい者福祉といったベーシックなサービスを、無償ですべての人に提供するというアイデアだ。
Photo by iStock
端的にいおう。もし消費税を7%強あげられれば、そんな社会は実現可能だ。重税だと思われるだろうか。でも、これでも先進国の平均以下の国民負担率でしかない。理論的、数字的な裏づけを知りたい人は、小著『幸福の増税論 財政はだれのために』を見てほしい。
結論だけいえば、病気をしても、失業しても、長生きしても、子どもをたくさん作っても心配してなくていい、そんな貯蓄ゼロでも不安ゼロの社会は作れる。税は「痛み」から「暮らしの会費」に変わり、所得とは関係なく、すべての人が安心できる社会がやってくる。
まずしい人は、税を払っていないのに国からお金をもらっている、そんな疑いの気持ちもなくせる。だれかの不正受給を疑ったり、人の既得権を妬んだりする必要もない。
弱者の暮らしと自分の暮らしを調和させよう。そうすれば、僕たちはもっと他者を信頼できる社会を作れるはずだ。

「痛みを分かち合う」という考え方

北欧の人たちは高い税をはらう。だけど経済は成長し、信頼度や幸福度は高い。それは、税をうまく利用しているからだと僕は思う。
税にはいろんな疑問がある。増税の前にまず無駄をなくせ。財政再建が最優先だ。消費税はまずしい人の負担が大きい。税をあげれば景気が悪くなる。政府が信頼できない。数々の反対の声が思い浮かぶ。これらへの回答も僕の本を読んで欲しい。でも、税は「自分に回ってこない」と感じていることがもっとも根本的な問題じゃないだろうか。
税が自分にも戻ると考えると、見えかたは大きく変わる。絵本を買うのに1000円かかるとする。人口5万人の自治体があったとしよう。もし1人が10円出せば、50万円の税収になり、何百冊という絵本が図書館に入る。1000円で一冊の絵本を家の本棚にかざるのがいいか。たった10円で読みきれないような絵本を図書館にそろえる方がいいか。どっちが得だろう。
絵本を買えば、こどものために1000円が消える。でも、税ですませれば、990円を自分たちの好きなことに使えるようになる。税で痛みを分かち合えれば、僕たちの「選択の自由」だってグッと広がるのだ。
税は取られるもの、貯蓄は資産、この区別もおかしくないか。子育てや教育、病気、高齢のための備えを「貯蓄による自己責任」でやっていくのか、「税による痛みの分かち合い」でやっていくのかの違いに過ぎないんじゃないだろうか。
財政には、僕たちの命や暮らしを支えるために、どうしてもやらなければいけないことがある。税を払ってその財源を作るのか、銀行にお金を預け、銀行が国債を買うことで財源を作り出すのか、二つに一つだ。
ただし、後者の場合、利払い費が発生する。銀行は僕たちに金利をはらってくれない。でも、毎年度3~4兆円が銀行への利払い費で消える。税はまずしい人たちも払っている。そのお金で銀行が豊かになる。どこかおかしくないか。
僕たちは自分の寿命を知らない。90歳、100歳まで生きられるように努力する。だから必ず「蓄え」は「過剰」になり、その分、「消費」は「過少」になる。しかも、高齢者になった自分の子どもにそれが相続され、貯蓄としてまた塩漬けにされる。
これじゃあ景気がよくなるわけがない。税でこのお金を社会の蓄えに変え、人間の暮らしのために毎年使ったほうが、景気が刺激されるに決まっている。
税をあげる、さげるという話なら、だれだって後者を選ぶだろう。でも、どの税をどんな風にあげ、だれのために、どんな風に使うのかを考えるとすればどうだろう。
愛する家族、大好きな仲間たちが生きていく社会だ。ともに生きることをあきらめるのではなく、痛みも喜びも分かち合う社会を僕は作りたいし、そんな社会を子どもたちに残していきたい。
だから僕は、たとえ嫌われても、税についてもっとみんなと話がしたいと思っている。



【主婦】【学生】【フリーター】【副業】 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
『お金を確実に少しだけ稼ぎたい』という方へ。 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

この本では、「確実に」でも「少しずつ」を徹底的に考えた結果、 
編み出された最も効率の良いお小遣い稼ぎの方法をまとめた本です。 

巷にあるような初期費用がいるもの、 
ネットビジネスのようなスキルのいるもの、 
FXや投資等のギャンブル要素が強いもの等ではありません。 

1、今の生活スタイルを変える事なく、空いてる時間で出来る 
2、誰でも出来る 
3、全て無料で出来る 
4、知識・技術は一切必要としない 
5、誰もが楽しみながらで来て、継続的な安定収入を確保出来る 

是非、「こういうのもあるんだ」という感覚で見て頂けると幸いです。 

【目次】 

第1章 2013年は個人が稼ぐ時代 

第2章 最適な副業はどれが1番良いのか? 

第3章 スキマ時間で徹底して稼ぐ! 

・ポ○○○○○トの魅力 
・ポ○○○○○トで効率良く稼ぐ方法 
・遊びながら稼ぐ!「○○玉」編 
・遊びながら稼ぐ!「G○○○ney」編 
・遊びながら稼ぐ!「mo○○○py」編 
・遊びながら稼ぐ!「○○○ナビ」編 
・遊びながら稼ぐ!「○○○イル」編 
・遊びながら稼ぐ!「○○○メール」編 
・遊びながら稼ぐ!「C○○○サイト」編 
・遊びながら稼ぐ!「トレ○○○ター」編 

最終章 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

以上になります。 

何よりも「まずは月3万でも稼ぎたい」という方は是非、読んで頂けると幸いです。
Source: 今日から実践!ストレスフリーな美しい節約の極意3つ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事