[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

山口・西京銀に立ち入りへ 金融庁が審査体制を点検

 金融庁は、地方銀行の西京銀行(本店・山口県周南市)に立ち入り検査する方針を固めた。

 同行を巡っては、不動産会社が新築アパート投資の資金を引き出すため、改ざんした融資書類を提出した不正が判明している。融資は実行されなかったが、金融庁はスルガ銀行(静岡県沼津市)の不正問題を受けて不動産融資の監督を強めており、西京銀側の審査体制も点検することにしたとみられる。
 不正は今年8月、東証1部上場の不動産会社TATERU(タテル、東京)での新築アパート向け投資で判明した。同社の従業員が融資審査を通りやすくするため、新築アパートに投資したい顧客のネットバンキング画面を改ざんして預金残高を多く装っていた。不正は融資の実行前に判明した。タテルと西京銀は、同様の不正がほかになかったかを調査中だ。
 金融庁は不正が他にもあった可能性があるとみて、西京銀の審査体制に不備がないか懸念している模様だ。そのため近く立ち入り検査に入り、問題の融資申し込みの経緯や審査の仕方に問題がなかったかを調べる。
 金融業界では不動産投資向け融資で、すでに不動産業者による不正が複数発覚している。業者が自己資金の少ない顧客の通帳コピーなどを改ざんして預金残高を水増しし、銀行に提出して多額の資金を引き出すケースが相次いだ。銀行が不正を見抜けなかったケースだけでなく、スルガ銀行のシェアハウス融資のように、多数の行員が融資実績を上げるために不正に関与したケースもあった。スルガ銀は金融庁から10月に一部業務停止命令を受けた。
 スルガ銀の問題を受けて金融庁は地域金融機関を中心に不動産融資への監督を強めている。不動産投資向け融資に積極的だった信用金庫大手の西武信用金庫(東京都)にも近く立ち入り検査に入る。(山口博敬、藤田知也)

新品価格
¥2,780から
(2014/6/22 07:37時点)

image1 1999年、伊藤園では野菜飲料に最適な味わい、健康性を求め、主原料である新品種のにんじんを探し始めました。約50品種の中から、国内産地の数箇所で栽培比較、加工評価を行った結果、選び抜かれたにんじんが「朱衣(しゅい)」です。にんじんは品種によって、健康や美容に役立つβ-カロテンをはじめ、食物繊維がまちまち。栄養素にすぐれ、ジュースにふさわしいおいしさを備えた伊藤園こだわりのにんじん「朱衣(しゅい)」は、現在、伊藤園の独占契約によって大切に育てられ、飲料へと製品化されています。
image2 βーカロテンとは?緑黄色野菜に含まれる天然成分の一種です。体内に入ったβ-カロテンは必要分だけビタミンAとなって取り込まれます。健康維持や美容に大切な栄養素です。
image3 独自の特許製法「ナチュラルスイート製法」。おいしさと栄養成分β-カロテンを効率良く摂取。
【1】原料(にんじん)
【2】へた取り(青臭みや雑味のもととなるにんじんのへたを1本1本取り除きます。)
【3】皮むき(洗浄と皮むきを行い、アクが出やすいようにスライスします。)
【4】ブランチング(ゆでることで自然な甘さを引き出し、アクを取り除きます。)
【5】細かく砕いてすりおろす(ピューレが食感を高めます。)
【6】搾汁 おいしさと食感が楽しめます。

商品紹介

厚生労働省の推奨する1日分の野菜350gを使用した野菜100%飲料
野菜350g分の5つの栄養素(β-カロテン・ビタミンC・カルシウム・マグネシウム・カリウム)をしっかり充足
砂糖・食塩不使用
にんじん・トマトを主体に30種類の野菜を使用


Source: 今日から実践!ストレスフリーな美しい節約の極意3つ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事