[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

「フリーランサー激増時代」に備え税制改革が急務だ

写真はイメージです Photo:PIXTA

 日本の税制では、フリーランサーになると給与所得控除を使えなくなるので、同じ仕事をしていても税負担が重くなることが多い。しかも、費用を積算する面倒な作業が必要だ。
 フリーランサーとしての働き方を促進するには、税制を改正し、「フリーランサー控除」のような仕組みを作る必要がある。
スポンサーリンク

フリーランサーになれば、
税務申告する必要がある

 フリーランサーになったときにまず頭が痛いのは、税務申告をしなければならないことだ。
 サラリーマンを続けている限り、税務申告の作業に悩まされることは、ほとんどない。多くの場合に、源泉徴収と給与所得控除と年末調整で、ほぼ自動的に税務処理が終了し、格別の作業をする必要がないからだ。
 ところが、フリーランサーになって給与所得ではない形で所得を得るようになれば、税務申告をする必要がある。

ガス代
3078円
珈琲タイム
120円
神社
1円

6月17日の結果
3,199
6月の合計
57,642
5月の合計  5月+過去合計 926,918円。
266,075円
4月の合計  4月+過去合計 660,843円。
261,317円

3月の合計  2月+3月合計 399,526円。
214,432円
2月の合計
185,094円

総合計984,560円

  

 

 
Source: 今日から実践!ストレスフリーな美しい節約の極意3つ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事