[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

婚活を成功させるなら「脱・愛され待ち女」

 愛されることばかりに熱心になると、結婚の相手選びも読み違えることになりかねません。妥協しない結婚に通じる、恋愛スタイルを解説します!

結婚相手の条件って何だろう?幸せな現場を一番見てきたはずのウェディングプランナーである友人が、落胆気味に話していました。
「結婚なんて、ようはスペックなのよ。」

スペックとはつまり商品の仕様のこと。デジカメで言えば、有効画素数がいくつで、防水、手ブレ補正付き、顔認識もできますよ、そういう商品の価値を判断する項目のこと。

彼女が言うスペックとは、外見・年収・会社名・学歴・家柄のことで、これらの条件によって結婚は成立していく現実を見過ぎて結婚に対する夢を失ってしまったと言うのです。

もちろん、これらの項目を全て否定するつもりは毛頭ありません。具体的な相手がいなければ、誰だって理想は持っているものですし、お金がなければ心も平穏ではいられないものです。

しかし、これらのスペックがどれだけ幸せな結婚を約束してくれるでしょうか? 経済的な基盤は大抵、会社に依存しています。もはや有名企業にいれば安定だという保障もありません。さらに順調に働いてはずの夫が突然心の病に倒れることも珍しいことではありません。なので、結婚において重要と思われたスペックは電子機器とは違い、ものすごく流動的なものです。

ただ、現実の結婚相手を決める場面では、その脆いスペックを重要視されている現実があります。繰り返しますが、それらの条件を加味することをいけないというわけではありません。

しかし、もし私達女性が「愛されること」を目指して恋愛し、「誰に幸せにしてもらうか?」ということを念頭に考えて、そのまま結婚生活に突入してしまったら、やはり夫婦生活は思い描いたものとは異なってしまうように思います。

愛され女を目指して何が悪いの?

愛されるための努力と愛するための知恵を。もちろん理想の結婚は、相思相愛、愛し愛されること。それは間違いありません。

恋愛本のコーナーには、「愛される」秘訣を教えてくれる本はたくさん並んでいます。しかし、一方で「愛すること」を指南した本が圧倒的に少なく、女性誌の見出しにも、「愛されワンピ」「愛されモテ髪」など、まるで男性=愛する人、女性=愛される人、という構図ばかりが目立ち、そのアンバランスさが気になっていました。

「愛され」女は、「愛され待ち女」

愛され待ちの関係は長続きしない。もちろん愛されていると実感することはとても嬉しいことです。サプライズのプレゼント。疎遠になっていた友人からの電話。旅行先から届いたポストカード。思わぬ瞬間に、いろんな人とのつながりを実感し、自分のことを思い出してくれる家族・恋人・友人の存在を認識することは、何よりも幸せな気持ちにさせてくれます。

しかし、それはあなたがきっと今までたくさんの人との関わりの中から、プラスの感情を与えた結果、受け取っているものなのです。

ただ、最初から愛されることを期待していると、いつまでも相手から待ち続ける不安定な精神状態になります。受身が習慣化している女性は、関係に甘えて、愛を循環させることなく、愛を受け取ることばかり考えてしまう。

そして、ある日突然「夫への愛が冷めていることに気付いてしまった」なんてことが起こるのですね。

「それは愛ではなく、自分の人生に必要だというに過ぎない」

『人生論』新版・角川文庫・トルストイ/〔著〕 米川和夫/訳 420円●トルストイが晩年にたどりついた人生観、世界観が凝縮された一冊!最初のスペックについても、哲学者トルストイが『人生論』(1887年)で興味深いことを述べています。

「人生を理解しない人がふつう愛とよんでいるのは、結局、自分の個人的な幸福をみたしてくれる条件を、ほかの条件よりも好ましく感じる気持ちにすぎない。つまり、人生を理解していない人たちが、自分は妻や子どもや友達を愛しているという場合、ただ、個人的な幸福を増すうえで、妻や子どもや友達が自分の人生に必要だと、いっているに過ぎない」

今、自分が愛と思っているものが、本当は何なのか?
胸に手を当てて考えてみたくなる、考えさせられる一文です。

妥協しない結婚がしたいなら……

「誰が私を幸せにしてくれるか?」と考えれば、相手への理想や要求はいくらでも贅沢になり、手を打ったところで「妥協」ということになります。しかし、「私は誰を幸せにできるだろうか?」という発想を持てば、そんな言葉とは無縁になるかもしれません。

愛することと、愛されることのバランス感覚を大切にしながら、一緒に幸せな人生を作り上げていける相手を見つけてくださいね!皆さんの幸せを陰ながら応援しています!
(文:西郷 理恵子)

ジュース
150円。
弁当
500円。
新幹線
19420円。
電車
940円。
電車
640円。

5月30日の結果。
21,650円
5月の合計  
249,030円
4月の合計  4月+過去合計 660,843円。
261,317円

3月の合計  2月+3月合計 399,526円。
214,432円
2月の合計
185,094円。

総合計909,873円

  

 

 
Source: 今日から実践!ストレスフリーな美しい節約の極意3つ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事