[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

41歳貯金570万。職場ストレスから早期リタイアを検討

 皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、勤務先でストレスを抱え、55歳で早期リタイヤを考えているという41歳の男性会社員の方。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんがアドバイスします。

41歳、いつ頃からならセミリタイアできるでしょうか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、勤務先でストレスを抱え、55歳で早期リタイヤを考えているという41歳の男性会社員の方。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんがアドバイスします。

▼相談者KENさん(仮名)
男性/会社員/41歳
東京都/持ち家・一戸建て

▼家族構成妻(専業主婦/30代)、子ども2人(5歳・2歳)

▼相談内容いつも「マネープランクリニック」を拝見させていただいております。私は今の職場にストレスを感じております。まだ、子どもが小さく教育費にお金がかかり始めますが、将来的にセミリタイア(ストレスを感じない仕事への転職=基本はフルタイム勤務)をしたいと考えています。これからのライフプラン、いつごろセミリタイアきるかなど、アドバイスをいただきたいです。ちなみに、妻は現在、専業主婦ですが、次男が幼稚園に通い始めたら、パートで少しでも働く予定とのこと。

▼家計収支データ

▼家計収支データ補足(1)ボーナスの使いみちについて
これまではほぼ全額、住宅ローンの繰上返済に充てた。今後は貯蓄になる見込み。

(2)加入保険の保障内容について
・夫/養老保険(5倍型、2018年満期、死亡保障870万円、満期金174万円、入院1万3000円)=保険料0円(※親がかけている。満期後、医療保障がなくなるので新規加入を検討)
・夫/傷害保険(団体扱い、死亡300万円)=保険料700円
・夫/個人年金保険(60歳から10年確定、年額30万円)=保険料1万円
・妻/養老保険(5倍型、2030年満期、死亡保障740万円、満期金148万円、入院1万1000円)=保険料9990円
・長男/学資保険(17歳満期、満期金200万円)=保険料9080円
・次男/学資保険(10歳払込終了、17~22歳で満期金600万円を分割受け取り)=保険料4万1312円

(3)住宅コストについて
新築、物件価格3600万円を購入。ローン返済は2017年で終了。年100万のローン返済に加え、年150万円の繰り上げ返済を実施。固定資産税は年10万円ぐらい。

(4)教育費の内訳
教育費(長男):幼稚園3万円、塾7000円、プール8000円。
教育費(次男):2018年から長男同様に学費がかかる見込み。

(5)趣味娯楽費について
年2回の旅行費を月で割ると2万円ほど。

(6)セミリタイアとその後の生活費について
年収350万円程度を考えている。年齢としては55歳くらいから。セミリタイアについて家族にはまだ話していない。セミリタイア後も基本的には現在と同じ生活費(教育費の増減は除く)を想定している。ただし、多少は旅行や娯楽費などが減るかもしれない。

(7)退職金について
現在の勤務先を55歳で退職した場合、確定拠出年金を加算して1000万円程度。

▼FP八ツ井慶子の3つのアドバイスアドバイス1 55歳までのキャッシュフローを試算しよう
アドバイス2 リタイア時期を調整できる程度の老後資金は用意可能
アドバイス3 医療保障は満期を待たず、新規で確保

アドバイス1 55歳までのキャッシュフローを試算しよう

可能なセミリタイアの時期ということですので、55歳までのキャッシュフローを試算をしてみましょう。前提条件として、その間の支出は教育費以外変わらず、収入も変わらないとします。現実と違うと思いますので、計算結果を一つの目安としてください。

まずは貯蓄ですが、住宅ローンは毎月の返済に年間100万円、さらに別途、ボーナスから年間150万円以上の繰上返済されていて、昨年完済となったとのこと。したがって、その資金が今後全額貯蓄に回るとすれば、年間250万円。42歳から55歳までの13年間で、3250万円となります。

毎月の貯蓄2万円は、収支から見て児童手当分を貯めていると言えますので、今後2人のお子さんに支給される児童手当の総額をざっくり252万円(※受給期間を長男の方が残り10年、次男の方が12年とする)と見込んで加算します。また、教育費はあとでまとめて差し引くので、現在発生している4万5000円も、ここでは便宜上、貯蓄に回します。これが13年間で702万円。

さらに、確定拠出年金は55歳に退職した場合、退職金と合わせて1000万円(手取りとする)ほど。加えて、加入されている2本の養老保険はともに55歳までに満期となります。その満期金が322万円(税金等考慮せず)。これに今ある貯蓄340万円も合わせて、手持ち資金は総額5866万円となります。

ただし、前述したように、ここに教育費に関わる収支は反映されていません。進路はまだ不確定ですので、大雑把ではありますが、今後かかる総額をお子さん2人で2000万円とします。一方、学資保険が2本あり、満期金は計800万円ですから、差し引き1200万円。これを先の貯蓄から捻出するとすれば、残高は4678万円。ここに、個人年金保険から受け取る年金の総額300万円を加えた4978万円が、セミリタイア後の生活資金ということになるわけです。

アドバイス2 リタイア時期を調整できる程度の老後資金は用意可能

では、セミリタイア後はどうなるのか。退職後、すぐに新しい仕事に就くとします。KENさんの想定だと、年収350万円とのことですが、これを額面とすれば手取りで270万円程度。月割りすると22万5000円となります。

55歳以降の生活費ですが、教育費はかからず、保険料コストも1万円(個人年金保険・支払い60歳まで)に減っています。新たに保険に加入するとしても、2万円以下には収まるとします。だとすると固定資産税や不定期支出を考慮しても、生活費は月平均で20万円程度と考えられます。つまり、KENさんの収入だけでほぼ生活でき、その収入が確保されている間は、先に試算した4978万円を生活の不足分として取り崩す必要はありません。

この金額をどう考えるかは個々に違いますが、将来受給される老齢年金の額も考え合わせれば、一般的には老後資金としてそれなりに余裕があると言えるのでは。セミリタイアを55歳としましたが、貯められる金額は減っても、その貯蓄を取り崩し始める年齢を後ろにずらせば、前倒しすることも可能でしょう。つまり、何歳まで働くか、完全なリタイアの時期をいつにするかといったことも、ご自身のライフプランに合わせてコントロールできると思います。

あくまで試算ですから、このとおりにキャッシュフローが推移するとは限りません。とくに、セミリタイア後の働き方ですが、希望される収入で「ストレスを感じない仕事」に本当に就くことができるかは不確定要素と言えます。また、これまでの試算には加えませんでしたが、奥様がパートで働く可能性があるとのこと。プライマイナスがあるようなので、実際にはそれらの点も十分考慮に入れて検討してください。

アドバイス3 医療保障は満期を待たず、新規で確保

ともあれ、仕事でどの程度ストレスを感じているかわかりませんが、それで心身が病んでしまうのであれば、本末転倒。収入も大事ですが、体を壊すまで我慢するのではなく、働くことに魅力を感じるような仕事をみつけていただきたいなと思います。

最後に相談内容とはズレますが、気になる点を2つ。まず、養老保険ですが、契約者が父親で、被保険者と受取人がKENさんになっていると、贈与税の対象となりますのでご留意ください。

もうひとつ。その養老保険が満期となると医療保障がなくなるということですが、満期を待たず、新たに医療保障を確保するのも手です。基本的に若くて健康なうちに加入した方が、終身保険の場合はトータルコストは抑えられる傾向があります。奥様の養老保険に付加されている医療特約も同様。その特約部分を解約して、新たに医療保険に加入する方が合理的かなと思います。

相談者「KEN」さんから寄せられた感想

ただ、漠然とした将来設計を考えておりましたが、八ツ井先生のアドバイスを頂き、セミリタイアに向けた現実的なプランを考えていきたいと思います。このような貴重な機会を設けていただいたことに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

教えてくれたのは……
八ツ井慶子さん

ファイナンシャル・プランナー。大学卒業後大手信用金庫に入庫。本当にお客様にとっていいものを勧められる立場になりたいとの思いから、個人相談が中心のファイナンシャル・プランナーとして独立。近著に『ムダづかい女子が幸せになる38のルール』(かんき出版)と『サラリーマン家庭は"増税破産"する! 』(角川oneテーマ21)がある。テレビ、新聞、雑誌などでも活躍中。All Aboutマネーのガイドを務める

取材・文/清水京武
(文:あるじゃん 編集部)

ガス料金
7726円
電力
6215円
投資
3104円

5月31日の結果。
17,045円
5月の合計  5月+過去合計 926,918円。
266,075円
4月の合計  4月+過去合計 660,843円。
261,317円

3月の合計  2月+3月合計 399,526円。
214,432円
2月の合計
185,094円。

総合計926,918円

  

 

 
Source: 今日から実践!ストレスフリーな美しい節約の極意3つ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事