[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

ども
ども
ギラです。

はらわたが煮えくりかえる思い。

日本国の事を考えると
この国を動かしている連中が
今現在やっている売国の現状をみるにつけ
「怒り」の感情しか湧いて来ない。

ギラの言いたい事を代弁してくれている記事が
有りましたので紹介します。
まずはこちらを先にご覧下さい。
 ↓ ↓ ↓
災害大国なのに土木・建設業が弱体化 

なんとかならないもんだろうか?
どうしてこうなっているのが解っているのに
どうする事もできないのだろうか?

この国を動かしている
政治家やら、官僚やら 連中がやっている
日本を滅ぼすための数々の悪事。

どにか止める事はできないのだろうか?
日本の事をを思うと悔しくてしょうがない。

増税派やら 緊縮派やらばっかりで
与党も糞なら野党はもっと糞だし
まともにこの国のかじ取りを出来る人間や政党は
この国では育たないのだろうか?

政治家のレベルが低いのは国民の意識レベルが
全体的に低いという事に他ならない。

じゃあ何故国民の政治に対する意識が低いのか?
それは、情報・教育を反日が握っているから。

そんな所からひっくり返さなければ
この国民の意識を変える事が出来ない。
果たしてそれが出来るのだろうか
出来るとしても戦後70年以上かけて
今のような国民レベルに堕ちたのだから
国民の意識レベルを高めるのにも何十年もかかる。

けど現実世界は、そんなに待ってくれない
日本と言う誇り高いお国柄が滅ぼされる様々な事が
現在進行形で進行し続けている。

そう考えると、日本国の事を大事に思う
日本国民の一人として、真剣に日本の行く末を
考えれば考えるほどに、怒りと無力感に包まれるだけ。

精神的にも、とても健康に良くない。
日本が置かれている現状を知れば知るほどに
怒りと憤りと無力感で悲しくなってくる。

この日本を護りたいという想いが
強ければ強いほどに、その怒りや憤りが
大きくなってしまうというジレンマ。

なので、ここで自分の中の心の均衡を保つ為には
頭の中を切り別ける必要がある。

日本国の行く末の事と
自分自身のリアルな生活の行く末の事。

自分の努力が結果として結び付きにくく
努力が報われない可能性が高いのが
日本国の行く末の事。

だとしたらこちらに注力するのは
無駄というよりデメリットが大きい。

自分の時間と労力と情熱を
何に注ぐのかという話になる。

自分の努力が結果として結び付きやすく
努力が報われる可能性が高いのは
自分自身のリアルな生活の行く末の事。

だとしたらこちらに注力するのが
無駄になり難くメリットが大きい。

こうして自分の時間と労力と情熱を
向ける先を、自分の個人の生活や夢の実現や
充実に向けるほうが良いという話になる。

祖国を護る為に、なんとか頑張りたいと
その情熱や思いを注いでも、そのほとんどが
報われないという怒りや悲しみで終わる。
その徒労感たるや 人の心を軽々とへし折る。

だとしたら
「もう知らん」
「もう知ったこっちゃねー」
あがいてもあがいてもどうせ報われ無いんでしょ。
って バカバカしい気持ちになるのは必然。
全てが無駄 とは言わないが
その殆どが 報われない。のが現実です。

そして 
だったら、せめて自分の生活や家族だけでも
自分で護るわ。その為に集中するわ。
ってなるのも当然だと思う。

こうして愛国者は現実を直視し
現実を受け入れ、そして自分の政治に対する
接し方や、身の振り方、労力の掛け方を
変えていくのだろうと思う。

そうやって気持が離れていく。
具体的な行動から遠ざかっていく。

国が国民や弱者を護ってくれないなら
自分の幸せや家族の幸せや夢は
自分で護るしか無い。
そうなってきてしまう。
それが現実です。

聖徳太子の
「和を以て尊しと成す」という
日本国民の根底にある「和」という精神性から
現実世界で生き延びる為には どんどん
離れていくしかない事になってしまっている。

なんだか
だらだらと話してしまいました。

とにかくまともで純粋な愛国者が
今の日本の政治や現状を知るにつけ
怒りと憤りで包まれて精神的によろしくないので
どうやって心のバランスを保つ考えを持つか
という事を書きました。

というわけで
またぬん
ギラ


Source: ギラの日本を護りたい!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事