[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

小学生の放課後をもっと楽しくより成長できる場に

住友生命保険相互会社(以下「住友生命」)は11月15日、第6回「スミセイアフタースクールプロジェクト」(第3次締めきり分)の実施団体が決定したと発表した。

このプロジェクトでは小学生が楽しく学べる、様々な機会を提供する。今回の発表では4月からの公募で決定した9団体と、12月8日から2月23日まで開催されるプログラムの内容を紹介した。

スポンサーリンク

包帯を巻いたり料理をしたり、けん玉や綱渡りも

今子どもたちに大人気の職業はユーチューバー。2月2日に福島県で実施されるプログラムでは、本物のユーチューバーを講師に招き、制作のポイントやルールなどを伝授。
手術着や手袋を着用して手術体験をしたり、看護師さんの指導で包帯を巻いたり、和食研究家からダシの取り方を学びごはんの美味しさに触れるプログラムもある。音楽やドッジボールにけん玉、2月23日には綱渡りにも挑戦。
スミセイアフタースクールプロジェクトは小学生の放課後をより楽しくより成長できる場所とすることを目的に全国で開催、2017年度のグッドデザイン賞、2018年には地方創生担当大臣から表彰を受けるなど、様々な賞を獲得している。
(画像は住友生命公式ホームページより)

▼外部リンク
住友生命 リリース
http://www.sumitomolife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事