[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

徳洲会グループと提携

ジェイアイ傷害火災保険は11月9日、日本最大の医療グループである徳洲会と提携したと発表した。これにより同社の訪日インバウンド海外旅行保険に加入する外国人に、10カ所の徳洲会病院でキャッシュレスメディカルサービスを提供できるという。

スポンサーリンク

「おもてなし安心プラン」に加入する外国人が対象

今回、キャッシュレスメディカルサービスを受けることができるのは、同社の訪日インバウンド海外旅行保険「おもてなし安心プラン」に加入する外国人。

第三者から評価された病院がメイン

同サービスが可能となるのは、徳洲会グループの「Jiキャッシュレス提携病院」10カ所。国際的な医療機能評価認証(JCI)や外国人患者受け入れ医療機関認証(JMIP)を受けた病院がメインとなっている。
病院名は次の通り。北海道では、札幌東徳洲会病院。関東では、東京西徳洲会病院、湘南鎌倉総合病院、湘南藤沢徳洲会病院。中部地方は、静岡徳洲会病院。近畿では、吹田徳洲会病院、岸和田徳洲会病院。九州は福岡徳洲会病院。沖縄は、南部徳洲会病院、中部徳洲会病院。
(画像はジェイアイ傷害火災保険ホームページより)

▼外部リンク
ニュースリリース
https://www.jihoken.co.jp/whats/wh_detail.html?p=2647
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ジェイアイ傷害火災
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事