[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
「問い合わせ窓口」「Webサポート」の2部門で獲得

三井ダイレクト損害保険株式会社は11月15日、HDI-Japanによる2018年HDI格付けベンチマーク最高評価「三つ星」の授与式を行ったことを発表した。
授与式は2018年10月30日に三井ダイレクト損害保険株式会社本社にて行われ、今年度は「問い合わせ窓口」および「Webサポート」の両部門において最高評価の「三つ星」を獲得した。
三井ダイレクト損害保険株式会社がHDI格付けベンチマークにおいて三つ星を獲得するのは、「問い合わせ窓口」で3年連続3度目、「Webサポート」で4年連続5度目となる。
三井ダイレクト損害保険株式会社社長は「顧客一人ひとりのニーズにダイレクトに応え、絶えず応対品質を向上させるよう一層努力する」とコメント。

顧客視点での対応が評価

HDI格付けベンチマークは、一般消費者からボランティアの審査員を募ることで顧客視点から各企業のWebサポートおよび問い合わせ窓口のパフォーマンスとクオリティを評価する格付けである。
三井ダイレクト損害保険株式会社は担当者にすぐにつながる点や、応対の姿勢、また質問に対して素早く分かりやすく簡潔な説明を行う点が高く評価された。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
三井ダイレクト損害保険株式会社ニュースリリース
https://news.mitsui-direct.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井ダイレクト損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事