[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
快晴に恵まれた大空にキャラクターが浮かぶ

共栄火災海上保険株式会社は11月7日、「2018 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」に出場したことを発表した。
2018年10月31日から11月4日にかけて行われたバルーンフェスタでは、熱気球「まもるくん号」で出場。
熱気球「まもるくん号」は、共栄火災が1992年の創立50周年の年に記念として制作したもので、球皮には建物更新総合保険のキャラクター「ビーバーのまもるくん」がデザインされている。
基本的な運営はビーバー・バルーン・クラブが行っており、今回のバルーンフェスタも合同での参加となった。

主に西日本地区を中心に活動を展開

ビーバー・バルーン・クラブは1992年4月に誕生し、西日本の養護施設等で慰問や熱気球搭乗体験イベント等を積極的に実施している。
共栄火災は活動や運営をサポートしており、ビーバー・バルーン・クラブが26年間で訪問した施設の数はおよそ400か所にものぼる。
26年目を迎えビーバー・バルーン・クラブの鶴崎会長は、「これからも地域の皆さんに夢を届けていきたい」とコメント。共栄火災は、今後も各種イベント活動等を通じ、地域や社会との交流を積極的に図っていく考えだ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
共栄火災海上保険株式会社ニュースリリース
http://www.kyoeikasai.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事