[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

高度な自動運転の実現に向けた業務提携で合意

トヨタ自動車株式会社、TRI-AD(Toyota Research Institute-Advanced Development, Inc.)、東京海上日動火災保険株式会社の3社は10月30日、高度な自動運転の実現に向けた業務提携に合意したと発表した。
トヨタが目指す高度な自動運転を実現するには、AIの進化やシミュレーション精度の向上が必須となり、これには各種データや、交通事故原因の究明ノウハウが非常に重要な役割を担っている。

東京海上日動は、年間200万件を超える交通事故対応の実績と、交通事故による損害発生の予防・軽減に関するノウハウのほか、事故ごとの発生状況や発生原因等に関するデータを保持している。
また、それらのノウハウやデータを活かして、自動運転の実証実験への参画や、責任関係が明白でない事故でも迅速な被害者救済を実現するための「被害者救済費用等補償特約」を損保業界で初めて開発するなど、高度な自動運転社会への貢献に取り組んできている。

スポンサーリンク

自動運転システムの安全性向上が可能に

今回の業務提携で3社は、東京海上日動が事故対応や各種サービスを通じて得たノウハウやデータを用いて、自動運転技術開発の高度化に向け共同で取り組むとし、東京海上日動が分析した実際の交通事故状況や、事故が発生し易い危険な状況を、トヨタとTRI-ADが自動運転のシミュレーション環境に再現するという。
これにより、現実の世界により近い状況下でのシミュレーションと検証が可能となり、自動運転システムの安全性向上を図ることができるとしている。
さらに東京海上日動は、将来に向け自動運転車から取得する各種データを活用した、損害サービスの高度化や迅速に保険金を支払うための仕組み等の新たなサービスを検討するとのこと。
(画像は東京海上日動火災保険株式会社HPより)

▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社 プレスリリース
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)
 
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事