[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

「夫婦別財布」でもしっかりお金が貯まる!家計管理術

 共働きの場合、夫婦別財布で家計を管理するケースも増えてきました。同時に何かと無駄は多くなるものです。どのようなことに注意していけば良いのでしょうか?

共働きの家計管理の実態とは?

共働きの家庭が増えていることで、家計管理の方法も多様化してきました。働く既婚女性を対象に集計した家計管理に関するアンケート結果を見てみましょう。

Q.家計の管理どうしてますか?
夫婦の財布をひとつにして、自分が管理……59.1%
夫婦の財布をひとつにして、夫が管理……3.6%
夫婦の財布はバラバラで、必要分を分担して出し合う……26.3%
夫婦の財布はバラバラで、夫がすべて負担……4.4%
夫婦の財布はバラバラで、自分がすべて負担……2.2%
その他……4.4%

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数137件(22歳~33歳の働く女性)

依然として、夫婦の財布はひとつにして、妻が管理し、夫は小遣い制という方法が半数を超えています。実際、財布をひとつに合算したほうが、節約や貯蓄の効率もよく資産形成には向いていますが、共働きの場合、それぞれが経済的に自立しているため、生活費や貯蓄をそれぞれで分担し残りはお小遣いという夫婦別財布が自由で好まれるようです。

晩婚化や少子化、経済の停滞、といった理由から、夫婦共働き世帯が増えており、共働きの場合、世帯収入が高く家計にゆとりが出るため、今後も夫婦別財布世帯は増えることが想定されます。しかし、夫婦別財布だからこその落とし穴もありますので、どんなことに注意すれば良いのかお伝えしましょう。

共働きの夫婦別財布でお金が貯まらない理由

■お金に無頓着になる
それぞれが経済的に自立しているため、生活に困りません。従って、節約や貯蓄といった意識が低くなりがちなので資産形成しにくい状況になります。

■使途不明金が増える
お互いがお金を何に使っているのか不透明なうえ、家計管理が甘くなりがちなので、使途不明金が増えてしまいます。共働きで世帯年収が1500万円あるのにも関わらず貯蓄ができないというご家庭の家計を洗い出してみると、年間で500万円もの使途不明金があったケースがあります。湯水のようにお金を使い、何に使ったかわからないお金が多くあれば、当然お金は貯まりませんね。

「お金」にも「責任」が伴ってこそ、初めて「自由」を満喫できるものです。将来のライフプランやそれらに伴うお金のことに向き合い、夫婦で対応策を考え行動することを疎かにしてしまえば、あっという間に貯蓄は底をつくでしょう。

夫婦別財布でもお金を貯めるには?

■先取り貯蓄
世帯年収が低くても、高くても貯蓄ができるご家庭は必ず先取り貯蓄を徹底しています。それぞれの収入がいくらあるのか把握し、目標額を決め、行動に移していきましょう。

■夫婦一緒にお金と幸せを貯めましょう!
例えば、それぞれ1000万円ずつ、夫婦合計2000万円を個人年金や確定拠出年金で老後資金を貯めるという目標を掲げたら、夫婦で一緒に保険や確定拠出年金に関する知識を学び身に付けていくことで、しっかり資産形成することができるようになります。

夫婦別財布の場合は、お互いにどこにいくら貯蓄しているのかわからないという状況になりがちです。協力して資産を築いてきたという実感が得られるような貯め方を取り入れていくことも、夫婦円満の秘訣ではないでしょうか。

夫婦別財布の成功の鍵とは?

夫婦別財布を維持する場合、家計に関してオープンであることが成功の鍵です。収入や支出に関して、お互いに共有し、どのように分担してどのくらい貯蓄をしていくのか?といった話し合いを、定期的に設けることが大切です。

結婚して、5年10年と経つうちに、豊かになっていく家庭と、いつも赤字で苦しい家庭に分かれるのは、夫婦で一緒に「人生とお金」に向き合い、夢や目標を共有してきたかどうかによります。

定期的に話し合い、将来に向けて具体的なマネープランを立てることができるようになれば、自由なお金を確保しつつ、夫婦としてお互いが幸せになれるような豊かな家計を築けるようになるでしょう。
(文:二宮 清子(マネーガイド))

5月9日の結果。
,200円
5月の合計  
12,392円
4月の合計  4月+過去合計 660,843円。
261,317円

3月の合計  2月+3月合計 399,526円。
214,432円
2月の合計
185,094円。

総合計673,235円

 


Source: 今日から実践!ストレスフリーな美しい節約の極意3つ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事