[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
「iChain保険ウォレット」をver1.2.0に刷新

インシュアテック(InsurTech)のスタートアップとなるiChain株式会社は11月8日、加入保険を一括で管理できる保険ポートフォリオ管理スマホアプリ「iChain保険ウォレット」のユーザーインターフェースを刷新(ver1.2.0)し、同日からApp Store、Google Playにて無料配信を開始すると発表した。
同アプリは、これまで多くのユーザーが利用しているが、ユーザーからのフィードバックを元にユーザーインターフェース刷新し、保険証券登録の容易さと保険証券管理の利便性を高めている。

この変更点は、これまで保険証券の登録に14項目の入力情報が必須となっていたが、これを3項目に絞ることで、短時間での保険証券登録が可能になり、操作性が向上している。
また、画像登録はこれまで1画面だけだったが、最大で5画像までの登録に対応したことで、保険証券の表・裏面のほか、保険設計書などの関連書類も登録できるようになっている。

スポンサーリンク

幅広い内容の保険商品が管理可能に

さらに、終身保険の登録に対応したほか、保険金・給付金を金額無制限および外貨にも対応することで、幅広い内容の保険商品を管理できるようになった。
このほか、契約者入力と被保険者/補償対象情報入力に家族アカウントを設定可能としたことで、簡単に家族間での保険証券共有が行えるようになっている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
iChain株式会社 プレスリリース
https://www.ichain.co.jp/pr/PressRelease20181108.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)

Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事